ゴールデンウィーク期間の休業日のご案内

2024/03/27

弊社では誠に勝手ながら、下記の期間を夏季休業期間とさせて頂きます。
休業期間中大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご協力を承りますようお願い申し上げます。

ゴールデンウィーク期間の休業日

  • 2024年4月27日(土)~4月29日(月)休業
  • 2024年5月3日(金)~5月6日(月)休業

※暦通りの営業となります。

メールでのお問い合わせは上記に関わらず受付しておりますが、
休業期間中に頂きましたメールの回答につきましては営業開始日より順次行わせていただきます。

何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

お知らせ
INFORMATIONS
 HOME   お知らせ 

WordPressのカスタムフィールドの値で、都道府県別一覧ページを作成する方法

2024/03/12

WordPressのカスタム投稿に、住所のカスタムフィールドを追加して、都道府県別一覧を表示するソースを作成しましたので、ご紹介します。

ある程度WordPressをカスタマイズできる方向けの内容となっています。
今回使用する部分以外の説明やコードは省いていますので、参考にする際は適宜変更してください。
また、テーマの編集は自己責任でお願いいたします。

例として作成するのはショップの都道府県別一覧で、
環境はWordPressバージョン6.4.3です。

カスタム投稿「ショップ」の作成

functions.phpを編集

WordPressテーマのfunctions.phpを編集して、カスタム投稿「ショップ」を作成します。
※functions.phpの編集は、サイト自体が表示されなくなる可能性があるので慎重に行いましょう。

これで、管理画面のメニューに「ショップ」が作成できました。

カスタムフィールドの追加

続いて、「ショップ」の記事にカスタムフィールドを追加するために、
プラグイン「Advanced Custom Fields」(以下ACF)をインストール、有効化します。

※2024/03/12現在、最新バージョンが6.2.7ですが、フィールド名が変更できない不具合があったため、6.2.6.1にダウングレードしました。

ACFのメニューでフィールドグループを新規追加します。

フィールド「郵便番号」の追加

フィールドタイプをテキスト、
フィールドラベル・フィールド名を「郵便番号」にしたフィールドを追加します。
フィールド名はキーになりますので、あとから変更しないように決めましょう。

プレースホルダーには統一したい形式の見本を入れておきます。
「000-0000」としました。

必須項目にします。

フィールド「住所」の追加

フィールドタイプをテキストエリア、
フィールドラベル・フィールド名を「住所」にしたフィールドを追加します。

テキストエリアの行数は2行にしました。

プレースホルダーには、
「必ず都道府県名からご入力ください(市町村からだと一覧に表示されません)」
と注意書きを入れておきました。
このあと、一覧ページに表示するときに都道府県名で抽出するためです。

こちらも必須項目にします。

フィールドを表示する場所の設定

続いてページ下部にある「設定」で、投稿タイプ「ショップ」で表示するように設定します。
 

 
全て出来たらフィールドグループ名を「ショップ」にして、保存してください。
 

 
 
これでショップ編集画面に「郵便番号」と「住所」のカスタムフィールドが追加されました。

「ショップ」の各記事を表示するページの作成

続いて、ショップのシングルページの作成です。

single-default.phpの作成

もともとあったsingle.phpをコピーして、single-default.phpを作成します。
中のコードはそのままでOKです。

single.phpの編集

single.phpの中身を、以下のコードに変更します。

ショップと通常の投稿の表示を条件分岐させるコードです。

single-shop.phpの作成

single-shop.phpを作成し、以下のコードを記入。

カスタムフィールドの値を出力するコードの、
the_field(‘フィールド名’);
echo nl2br(get_field(‘フィールド名’));

の2つの違いは、改行を出力するかどうかです。

「ショップ」の都道府県別一覧ページの作成

続いてショップの都道府県別の一覧ページを作成します。

archive-shop.phpの作成

archive-shop.phpを作成し、以下のコードを記入。

各ショップ情報の表示部分は、コード使い回しのためファイルを分けてインクルードさせます。

_inc_shoplist.phpの作成

_inc_shoplist.phpを作成し、以下のコードを記入。

archive-shop.php側で、$prefectureに代入した都道府県名と、
カスタムフィールド「住所」の値を比較して、前方一致したものを表示させています。
そして郵便番号順に並び替えることによって、住所がバラバラにならないようにしています。

固定ページ「ショップ一覧」の作成

続いて、WordPress管理画面で、固定ページ「ショップ一覧」を新規作成します。
スラッグは「shop」にしてください。

archive-shop.phpの内容が表示されるので、本文は空でOKです。
以上でコードの作成は完了です。

パーマリンクの設定

最後にWordPress管理画面メニューの「設定」→「パーマリンク」で、何も変更せずに保存をかけてください。

新しい設定を動作させるために必要な作業です。
これをしないとショップページが表示されません。

表示確認

これでショップページが表示されるようになります。

テストでいくつかショップを登録しました。

・各記事ページ

・一覧ページ

都道府県別で、さらに郵便番号順に並び替えているので、住所の並びがきれいです。

まとめ

今回はカスタム投稿に住所のカスタムフィールドを追加して、都道府県別一覧ページを作成する方法をご紹介しました。
基本的なコードのみでしたが、さらにカスタマイズすることによって色々なことができると思います。

弊社ネディアではサイト・システム制作や保守管理サービスを行っています。
分からない、上手くいかないなどがございましたら代行いたしますのでご連絡ください。

他にもサーバ・ネットワーク保守なども行っておりますので、ネットワークのことなら全てネディアにおまかせください。

お見積もり・お申し込み・お問い合わせはこちら
 
 

お知らせ
INFORMATIONS
 HOME   お知らせ 

OneDriveの同期解除時に注意すべきポイント

2024/03/05

Microsoft OneDriveとは

Microsoft OneDrive(以下、OneDriveと表記)はマイクロソフトが提供するオンラインストレージです。
OneDriveを利用することで、ユーザーはインターネットに接続されたあらゆるデバイスからデータにアクセスできるようになります。

Windows10やWindows11では標準でOneDriveが組み込まれており、Microsoftアカウントと連携すれば無料で5GBまで利用可能です。
また、OfficeソフトのサブスクリプションサービスであるMicrosoft365を利用するとOneDriveへの保存容量はいっきに1TBまで利用可能となります。

OneDriveの基本的な仕組みについて

OneDriveはオンラインストレージサービスの為、実際のデータはクラウド上(インターネットの先にあるMicrosoftのサーバ)に保存されています。
多くのオンラインストレージサービスは、保存されたデータにアクセスするためには、ブラウザから該当サービスにログインし、ファイルをダウンロードし、アップロードすることでデータを保存できます。

対してOneDriveは、Microsoftアカウントとの連携により、通常のローカルフォルダのように操作できるようになっています。
実態は、OneDirveが連携したMicrosoftアカウントに応じて、OneDrive用のローカル保存領域(デフォルトでは C:\ユーザー\(ユーザ名)\OneDrive)にファイルをダウンロードしてきます。
ローカル保存領域のファイルが更新された場合は、自動的にクラウド側の情報へ同期するという仕組みです。

宣伝とはなりますが当社のクラウド型ファイル共有サービス RushDrive にも同様の機能があります。
ユーザー数無制限のため、大人数で利用する場合には低価格となりますのでご興味のある方はこちらをご覧ください。

クラウド型ファイル共有サービス RushDrive

OneDriveのデフォルト設定

OneDriveは初期状態でサインインと同時にOneDriveの同期機能がオンになっています。
対象は「ドキュメント」「ピクチャ」「デスクトップ」の3フォルダーです。
いずれもPCを利用しているうちにファイルが溜まりやすいフォルダーのため、無料で利用出来る5GBを超えてしまい、OneDriveの同期の解除を余儀なくされるパターンが多いようです。


ただし、何も注意せずに同期を解除したことで思わぬトラブルが発生してしまうケースが増えています。

OneDriveの同期解除時に注意すべきポイント

同期解除の前に以下の点を確認してください。

  • 同期解除したデータはOneDrive上に残りますが、PCのフォルダからはなくなります ※1
  • 同期解除前に重要なファイルはバックアップしておくことをおすすめします

※1
正確には同期を解除すると同期対象だったフォルダの中身は PC のOneDrive内に残されていますが、例えばピクチャの同期を解除すると C:\ユーザー\(ユーザ名)\ピクチャ が空になるためで、PCからなくなったように見えます。

注意すべきは、ローカル保存からの同期

クラウド側のデータが不整合を起こすことはほとんどありませんので、通常の利用方法で運用する分には特に注意すべき点はありません。
しかし、特殊な運用やイレギュラーな操作を行った際に、ファイル同期が適切に処理されなくなってしまう事でデータが喪失してしまう可能性があります。

OneDriveの保存データが不具合を起こす可能性があるケース

1つのMicrosoftアカウントを複数人で同時に利用している

何らかの理由で1つのMicrosoftアカウントを複数人で共有して使っていることはないでしょうか?
異なるWindows端末で複数の同一Microsoftアカウントが同時に稼働すれば、ローカル領域が多重に管理され、結果としてデータのデグレーション(変更を加えたのにも関わらず、変更前の状態に戻ってしまう事象)や最悪の場合、データの破損・喪失につながります。

新しいPCに入れ替えた場合

新しいPCに入れ替えた際には注意が必要です。
旧PCから新しいPCに乗り換えた際、OneDriveをみるとデータが消えているように見える場合があります。
実際にデータが消えているわけではなく、ローカル保存されたデータが見えていないだけなので、Microsoftアカウントと連携すれば新しいPCにOneDriveの保存データが同期されます。

新しいPCに移行した際は、OneDriveの同期が完了するまで、保存先を変えるなどの設定変更をしないようにしましょう。
同期が完了したかどうかは、通知領域(画面右下のアイコン群)のOneDriveアイコンから確認できます。

同期解除後にデータが消えてしまった場合の対処法

同期解除後にデータが消えてしまった場合は、以下の手順を試してください。

ゴミ箱を確認する

OneDrive上のゴミ箱にファイルがあるか確認してください。ゴミ箱にある場合は、回復させることができます。

履歴バージョンを確認する

OneDriveにはファイルの履歴バージョンが保存されているため、過去のバージョンからファイルを回復できる場合があります。

ファイルを復元する

同期解除後にファイルが消えてしまったと思われる場合は、同期解除より参照先のパスが変わってしまい表示されていないだけの可能性が高いため、ローカルにデータがあればそちらから移動してください。

同期実行中 C:\Users\(ユーザ名)\デスクトップ\各ファイル
同期解除後 C:\Users\(ユーザ名)\OneDrive\デスクトップ\各ファイル

同期解除時に何らかの不具合で、ローカルにデータが見つからない場合には、OneDrive上でファイルを復元することができます。
OneDriveのWeb版やOneDriveアプリから復元を試して下さい。

OneDrive利用時に押さえておきたいこと

  • Outlookのpstファイルは同期しない
  • 同期は1台だけにして、ほかのPCはファイル同期を無効にする

それでは。

群馬データセンター
群馬の法人ITサポートサービス Wide Net[ワイドネット]
Wide Netのクラウドバックアップ
クラウド型ファイル共有サービスRushDrive
ワイドオフィス