ネディアの人材養成について(実践型人材養成システムの紹介)

2016/02/23 その他 投稿者:佐藤

厚生労働省の「実践型人材養成システム」に認定

■~2016年4月から2016年度新入社員研修を開始~

株式会社ネディアは、厚生労働省および独立行政法人雇用・能力開発機構の「実践型人材養成システム」の認定を2月10日付で取得いたしました。同システムは新規雇用の創出および将来的な中核人材の育成をねらいとしており、ネディアのカリキュラムは社会人基礎からネットワーク・システム構築、営業業務まで含む実践的な教育体系が組まれていることが評価されたものです。

今回は、ネディアの人材育成に対する取り組みについて紹介したいと思います。

ネディアでは6年前から新人教育に実践型人材養成システムという制度を導入しております。

詳しくは、下記を読んでいただければと思いますが、簡単に言うと質の高い新人教育(人材育成)を行う企業に対して国から助成金が出るというものです。

ネディアの過去の実績としましては、1年間のカリキュラムを行った結果、一人当たり170万円程の助成金をいただきました。

実践型人材養成システム とは

実践型人材養成システムは、事業主が、新入社員を企業内の中核人材に育成するため、企業内の実習(OJT)と企業外での座学等(Off-JT)を組み合せて作成した教育訓練計画に対し、一定の要件を満たしている場合に、厚生労働大臣が「実践型人材養成システム」として認定を行うものです。

実践型人材養成システム のメリット

実践型人材養成システムとして認定を受けることで、次のようなメリットがあります。

1.優秀な人材の確保

求人募集広告に「認定実践型人材養成システム」と表示することにより、人材育成に積極的な企業であるとの評価が得られます。また、その結果として、優れた人材の確保にも繋がります

2.効果的な人材育成

企業内のOJTと教育訓練機関のOff-JTを組み合わせることで効果的な訓練となり、事業所に必要な能力を有する将来の中核人材を計画的に育成することができます。

3.社員の離職率の低下

教育訓練目標やその達成に向けて受講するカリキュラム及び習得すべき能力が明確になった訓練を受講することで、職業生活における将来の目標を付与でき、新入社員の定着率が向上します。

4.訓練経費の節減

キャリア形成促進助成金制度を活用することにより、訓練にかかる負担を軽減できます。

jinzai01

(独立行政法人 雇用・能力開発機構HPより)

手続及びその他の詳細については厚生労働省のHPをご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/job_card01/koyoukunren.html

一般的に中小企業では、教育専門の部署や人員を確保するのが難しく、新人教育にコストをかけにくい傾向にあるかと思いますが、この実践型人材養成システムを実施した場合、外部の教育機関での受講料などに助成金が出るため、その結果コストをかけにくい中小企業でも質の高い人材育成が可能となります。

なお、この実践型人材養成システムは主に新入社員を対象としており、新規学卒者を中心とした15歳以上45歳未満の者という制限がございますが、これとは別に中途社員向けの有期実習型訓練というものがあり、ネディアの中途社員にはこちらの制度を活用しております。

雇用型訓練に関する手続のお知らせ
http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/job_card01/jobcard06.html

ネディアの新人教育について

新入社員の方からすれば、入社する会社でどのような人材育成が取り組まれているか?という点は、気になる部分の一つだと思います。
行き当たりばったりの教育では非効率となりますので、準備したカリキュラムに沿って人材育成を行うことは、優秀な人材を育成する上で欠かせません。

ネディアの新人教育カリキュラム

2016年に実施予定の新人教育カリキュラムをご紹介します。

・期間:2016年4月~2017年3月
・カリキュラム概要
 【ビジネススキル系】ビジネスマナー、プレゼンテーション研修、問題解決~実行力向上研修
 【技術系】MOSエキスパート資格取得研修、ホームページ制作研修(HTML5 & CSS3・スマホサイト制作)、Linuxサーバ構築研修、ネットワーク構築研修、PHPプログラマー研修、Webアプリケーションプログラミング研修

上記の通り、盛り沢山の内容となっておりますが、これは新入社員の皆さんに寄せる期待も大きさでもあります。

jinzai02

まとめ

一人ひとり違う個性・能力があるため、人材育成は一筋縄ではいきません。

ネディアのカリキュラムもその人材に合わせて多少の変更が可能なようにしていますが、全てをカバーしきれるわけではありません。

また変化の激しい分野であるため、個々の情報収集能力で差が付くのも事実です。

しかしそんな中でも新人のうちから目標を立てて、常にその目標への進捗状況を確認する癖をつけることはとても重要です。

企業側が求める人材はどのようなスキルを持つ人材か?カリキュラムを通してそれを社員と企業の双方で共有するために、この 実践型人材養成システム は役に立っています。

なおネディアでは現在、追加の新入社員及び中途採用を募集しております。この記事を読んで興味を持たれた方はお気軽にお問合せください。

jinzai03

株式会社ネディア ホームページ 採用情報

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
AWS Certificate Managerで暗号化(後編)

2016/02/18 AWS, 技術系 投稿者:千本木

前回はAWS Certificate Managerでの証明書発行手順について紹介いたしました。

後編となる今回はElastic Load Balancing(ELB)とCloudfrontでのCertificate Managerの適用方法について解説いたします。

ELBでの設定方法

プロトコルの設定

ELB自体の詳細な設定は省略いたしますがELBを作成する際に以下のように設定します。

ロードバランサーのプロトコル HTTP(セキュアHTTP)
ロードバランサーのポート 443

配下のインスタンスのコンテンツによってインスタンスプロトコルやインスタンスポートを指定します。

今回はHTTPで提供しているコンテンツと紐づけしたいので、インスタンスのプロトコルをHTTPに設定しました。

cm21

証明書選択

次画面でセキュリティグループの設定を行うと、証明書の選択ができるようになります。

cm22

証明書タイプで「AWS証明書マネージャ(ACM)から、既存の証明書を選択する」を選択するとCertificate Managerで作成済みの証明書を選択することができます。

あとは通常通りELBを設定して完了です。

Cloudfrontでの設定方法

Cloudfrontではディストリビューションの作成時に証明書を選択することが可能です。

cm23

「Distribution Settings」内の「SSL Certificcate」から「Custom SSL Certificatte」を選択することでCertificate Managerで作成した証明書を選択します。
この後は通常通り設定して完了となります。

まとめ

いずれの場合も簡単に証明書を選択し適用することができました。

執筆時点ではCertificate Managerは今回紹介したELBとCroudfrontのみでしか利用できませんが、設定が簡単で更新の手間もないため、今後他のサービスで利用できるようになるのが楽しみですね。

無料で使えるということを考えるとAmazon社は囲い込みのために本サービスを提供しているようにも感じますが、それにしても太っ腹なサービスですね。

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
AWS Certificate Managerで暗号化(前編)

2016/02/16 AWS, 技術系 投稿者:千本木

恒例のAWSシリーズ、今回は最近リリースされたCertificate Managerについて記事にしたいと思います。

Certificate Managerとは

2016年1月21日にリリースされたAWSで使用できるSSL証明書です。

SSL証明書を使用するにはグローバルサインやシマンテック等でSSL証明書を購入したうえでサーバに設置する必要がありますが、AWSではCertificate Managerを使って無料で証明書を取得し運用することが可能です。

メリット

  • 無料でSSL証明書を使用できる
  • 自動で証明書が更新される
  • ワイルドカードにも対応

デメリット

  • 対応しているのはElastic Load BalancingとCloudfrontとのみ
  • 作成した証明書のダウンロードができないため、AWS以外の環境で使用することはできない
  • EV証明書には対応しない

外部サーバでは利用できませんし、AWS内でも利用できるサービスは限られていますが、無料で使えるのは助かりますね。

設定方法

では早速進めていきましょう。

今回設定するコモンネームはawstest.nedia.ne.jpとしています。

ステップ1:ドメイン名の追加

ドメイン名の入力です。いわゆるコモンネームを入力します。ワイルドカードの指定も可能です。

なお、入力したドメイン名を使用したメールアドレスが使用できる必要がありますので、nedia.ne.jpも追加しました。

cm01

ステップ2:確認とリクエスト

設定したドメイン名宛に確認メールが送信されることの確認です。

cm02

ステップ3:検証

ご覧のようにSSL証明書での認証時に一般的に使用されるメールアドレス宛にメールが送信されました。

サブドメインで運用する場合にはメールが受信できる状態にあるか事前に確認しておくと良いと思います。

cm03

実際に来たメール

以下のようなメールを受信しました。

cm04

メール文中記載のリンクをクリックすると確認画面へ遷移しました。

cm05

承認するとステータスが発行済みに変更されました。

cm06

確認

Elastic Load Balancerを使って証明書が動作するか確認してみました。

cm07

当然ですが、エラーもなく表示することができました。
有効期限は1年と1ヶ月間。しかもこれが自動更新されるというのは驚きです。

iPhoneやAndroidからも問題ありませんでした。

まとめ

何の問題もなく簡単に設定を完了することができました。
導入の敷居が低いですし、自動更新されるので一度設定してしまえば手間いらずですので、対応サービスを利用していて、EV証明書までは不要と考えている方は導入を検討してみても良いのではないでしょうか。

次回はElastic Load BalancingとCloudfrontでの証明書設定方法について解説します。

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
CentOS7で始めるDocker入門 2/2

2016/02/04 技術系 投稿者:佐藤

二回目である今回はDockerの基本操作について解説します。
(一回目の記事はこちら)

コンテナ操作の基本

Dockerイメージの入手

最初に、基本となるDockerイメージを入手します。Dockerイメージは、Docker Hub Registry(https://hub.docker.com/)にて公開されています。
公開されているイメージは、docker searchコマンドで検索できます。CentOSのイメージを検索した場合の例がこちらです。

様々なイメージを様々な人が公開しています。OFFICIALの欄に[OK]と表示されているものが、CentOSのオフィシャルイメージです。あらかじめアプリケーションをインストールしたものがいくつも公開されています。
Dockerイメージのダウンロードは、docker pullコマンドで行います。CentOS7のイメージをダウンロードする場合の実行例がこちらです。

この例のように、いくつかのイメージが一括してダウンロードされます。ダウンロードしたイメージは、次のようにして確認することができます。

Dockerのイメージは、リポジトリとタグを”:”で区切って指定します。例えば、①のCentOS 7 のイメージは、docker.io/centos:latestという名称で利用します。

コンテナの作成

コンテナの起動というのは、このイメージの上でプロセスを起動することを指します。Dockerは指定したイメージを展開し、コンテナのファイルシステムセットとして使用します。
コンテナの作成には、docker run コマンドを使います。次のような書式で利用します。

使用するイメージをで、そのイメージ上で動かすコマンドとその引数をで指定します。

docker.io/centos:latest というイメージでbashを起動する「centos7」という名前のコンテナを作成する場合のコマンドがこちらです。

この例では、docker run にオプションとして「-it」を付けています。これは対話(Interactive)モードで、TTY(端末・コンソール)を割り当てるという指定です。
起動したコンテナの中でlsコマンドなどを実行することが出来ます。もちろん viなどを使ってファイルを修正することもできます。
コンテナは、起動した/bin/bashのプロセスが動いている間だけ動作します。つまりこのシェルをexitした時点でコンテナが停止します。

コンテナを停止することなく、操作を元のシェルに戻したい場合には、Ctrl-P + Ctrl-qでコンテナのTTYを抜けることができます。

コンテナへの再接続

動作しているコンテナに接続するには、次のようにdocker attach コマンドにコンテナ名を指定して実行します。

動作中のコンテナの確認

動作中のコンテナを調べるには、docker ps コマンドを使います。

コンテナ情報の確認

Dockerのコンテナの詳細な状態を知りたい場合には、docker inspectを使います。Dockerの起動時に指定したプロセスや、コンテナに割り当てたリソースなどを確認することができます。

コンテナの停止

動作しているコンテナをホスト側から停止することもできます。次のようなdocker stop コマンドにコンテナ名を指定して実行します。

この処理を行うと、コンテナプロセスには、TERMシグナル、KILLシグナルが送られます。つまり、コンテナプロセスを強制終了することになります。

コンテナの起動

停止しているコンテナを再度動かすこともできます。次のようにdocker startコマンドにコンテナ名を指定して実行します。

コンテナの再起動

動作しているコンテナを再起動するには、docker restart コマンドを使います。このコマンドを実行すると、コンテナのプロセスを強制終了し、再度スタートします。

コンテナのコミット

コンテナの中でファイルを編集しても、コンテナを削除するとすべて変更は削除されてしまいます。ただし、コンテナの状態を新しいイメージとして保管することができます。
保管は、docker commitで行います。
docker commit は、コンテナを指定したローカルリポジトリに保管します。タグも指定することができます。また、-aオプションで作成者を、-mオプションでメッセージを付けることができます。
centos7というコンテナをlocalrepoというリポジトリに保管する例がこちらです。

コンテナの削除

作成したコンテナを削除するには、docker rm を使います。コンテナを削除すると、コンテナ内で作成したファイルなどはすべて破棄されてしまいますので、保管が必要な場合にはあらかじめ docker commit で新しいイメージとして保管する必要があります。

アプリケーション環境のコンテナ化とサービスの公開

Dockerは、KVMなどの仮想マシンに比べるとはるかに小さいサイズでイメージを管理することが出来ます。そのため、アプリケーションの実行環境とアプリケーションやコンテンツを一緒にDockerイメージとして保存し、バージョン管理なども行うことが出来ます。
Dockerコンテナ上にWWWサーバとコンテンツの環境を構築する例を使って、アプリケーション環境のコンテナ化とサービスの公開について説明します。

なお、次のような手順で作成していきます。
(1)WWWサーバの元となるコンテナを作成する
(2)WWWサーバの設定を行う
(3)WWWコンテンツを配置する
(4)イメージを保存する(コンテナ化)
(5)保存したイメージで新しいコンテナを作成し、動作確認をする
(6)コンテナサービスの公開

今後の実行例ではコンテナの上で実行すべきものと、ホスト上で実行すべきものがあります。紛らわしいため、ホスト側で実行すべきものには、(ホスト上)、コンテナ上で実行べきものには、(コンテナ上)と明記します。

(1)WWWサーバの元となるコンテナを作成する

最初に、WWWサーバの元となるコンテナを作成します。centos7の公式イメージを使って、/bin/bashを起動します。このとき、ホストからWWWコンテンツを渡すためにボリュームを共有しておきます。WWWコンテンツが入っているディレクトリ(ここでは/home/admin/html)を共有します。

ホストボリュームのマウントについての解説

–volumeオプションを使って、ホストのボリューム(/home/admin/html)をコンテナの/mntにマウントしています。なおホストボリュームのマウントは、次のような用途にで利用できます。

  • ホストからコンテナへのファイルの受け渡し
  • コンテナ間でのファイル共有
  • コンテナのデータの保存

コンテナで作成したファイルは、コンテナを削除すると削除されてしまいますが、マウントしてある領域のファイルを変更すれば、そのままホスト側に反映されます。

(2)WWWサーバの設定を行う

作成したコンテナにWWWサーバをインストールします。

必要があればWWWサーバの設定ファイルを編集し、設定を整えます。

(3)WWWコンテンツを配置する

DockerコンテナにWWWコンテンツを配置します。/mntにマウントしたホストボリュームからファイルをコピーします。ただし、通常の状態のままではSELinuxの制限でファイルにアクセスすることができません。
(これはコンテナがホストに悪影響を及ぼすことを防いでいるとも言えます)。そのため、まずホスト側でコンテンツのテキストを一時的に変更します。

Dockerコンテナ内で適切なディレクトリーにコピーします。

(4)イメージを保存する(コンテナ化)

WWWサーバの設定が終わりコンテンツを配置したところで、コンテナを停止し、ホスト側でdocker commitを実行しコンテナのイメージを保存します。

これで、アプリケーションとコンテンツを含んだイメージが完成しました。イメージを保管したら、作業に利用したコンテナは一旦削除しておきましょう。

(5)保存したイメージで新しいコンテナを作成し、動作確認する。

保存したイメージを使って、動作確認用にWWWサーバ用のコンテナを作成します。このコンテナでは、WWWサーバ(/usr/sbin/httpd)を起動します。

これで、コンテナ上でWWWサーバが動作しているはずです。この状態でホストからコンテナの80ポートにアクセスして動作を確認します。

・IPアドレスの調査
コンテナに割り当てられたIPアドレスは、docker inspectで調べることができます。

(6)コンテナサービスの公開

動作確認をして問題がなければ、コンテナサービスを外部に公開することができます。ます、一旦コンテナを終了し削除します。

次に、正式なWWWサーバのコンテナを作成します。この時、–publishをつけてホストのポートとコンテナのポートを接続します。
これによって、ホストの80番ポートを通して、外部からコンテナのWWWサーバに接続出来るようになります。

ブラウザでアクセスしてコンテンツが表示されれば成功です。(192.168.0.3がホストOSのIPアドレスです。)

docker03

Dockerの基本的な使い方の説明は以上となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実際にDockerを使い始める場合には、やはりテスト環境としての利用からが考えれます。リスクを抑えながらDockerの持ち味を生かせるためです。最初にテストに必要な設定を構築し、Dockerイメージとして保存しておくことで、簡単に元の環境に戻すことが可能です。

そして次のステップとしては、開発環境にDockerを利用をお勧めします。環境によってエラーが発生することがなくなるため、例えば開発チームに外部の企業が加わった際に、開発環境が配布出来る状態(コンテナ)として完成していれば、開発に取り掛かってもらうための時間も大分節約できるはずです。

最終的なステップとしては、本番環境として今回紹介したようにWEBサービスの提供等の利用が考えれらます。動作が軽いという利点を生かせますし、公開期間が終了した際には、コンテナをイメージ化して保存することで、再度必要になった時にも環境ごと復元できます。

こうしたメリットを考えれば、Dockerの導入を検討する価値は十分あるはずですので、この記事を参考にDockerに触れてみてもらえれば幸いです。

それでは。

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
超簡単!jQueryを使ったレスポンシブ対応クリッカブルマップ『jQuery RWD Image Maps』

2016/02/03 サイト制作, 技術系 投稿者:竹内

img_imgmap

前回までにメディアクエリを使用して『既存のホームページをレスポンシブスマホ対応する方法』レスポンシブ対応に最適な『jQueryを使った折りたたみ式のグローバルメニュー』をご紹介しました。

今回は、レスポンシブに対応した
jQueryを使ったクリッカブルマップ(イメージマッピング)『jQuery RWD Image Maps』についてご紹介いたします。

クリッカブルマップ(イメージマッピング)メリット、デメリット

クリッカブルマップのメリット

  • 複雑なデザイン(紙媒体用のチラシや、建設業の設計図や地図など)に対してリンクを貼る際に工数を短縮できる。
  • 元々のデザインを損なうことがない。

クリッカブルマップのデメリット

  • 画像が大きくなりがちでページが重くなる。
  • 画像内テキストがSEOとして働かない。
  • レスポンシブ対応を行うと画像サイズが可変となり、リンクエリアがずれる。

デメリットのうち、1つ目と2つ目の部分は承知のうえで利用していると思いますので、3つ目のレスポンシブ対応の部分を解決するために『jQuery RWD Image Maps』を使います。
条件として、工数短縮がクリッカブルマップを使う理由の1つでもあるので、そういった意味でも『jQuery RWD Image Maps』は工数短縮のメリットを損なわず実装することが可能です。

早速実装してみましょう

今回は「既存のクリッカブルマップありのページをレスポンシブ化したところ、クリッカブルマップがずれて使えなくなってしまった。」というところからレスポンシブ対応のクリッカブルマップを実装する過程をご説明いたします。

まずはこちらからファイルをダウンロードします。

HTML内にScriptファイルを設定する

htmlファイルに記述

HTMLにjQueryのファイルとjquery.rwdImageMaps.jsのファイルを読み込む記述、スクリプトに命令を出す記述を追加します。

 

jquery.rwdImageMaps.jsの中身を編集する必要はありません。これで終了です。

DEMOページをご確認ください。ブラウザ幅を狭めて画像サイズが変わってもクリッカブルマップがずれていないことが確認できると思います。

まとめ

クリッカブルマップは複雑なレイアウトのチラシやバナー、地図に使って工数の短縮とデザインの維持が可能になりますので、とても便利な反面、今回のようにレスポンシブ対応した際に正常に動かなくなってしまいます。
せっかくクリッカブルマップを使って工数短縮してもレスポンシブ対応に工数をかけてしまったら元も子もないので、今回のようにレスポンシブ対応させても工数が少ないことは非常にありがたいですね。

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
CentOS7で始めるDocker入門 1/2

2016/02/02 AWS, 技術系 投稿者:佐藤

今回から2回に渡り、Dockerの概要から基本的な使い方の説明までを行います。なお、Dockerの使い方の説明については全てCentOS7での操作手順となります。

Docker(ドッカー)とは

Dockerは、Solomon Hykes氏が開発したコンテナ型仮想化の技術です。
Dockerでは、単純にコンテナ型仮想化を実現しているだけではなく、設定済みのコンテナをリポジトリに登録し、配布することができます。
Dockerのリポジトリは、インターネット上でも公開されていて、様々な定義済みのイメージを入手することができます。
Dockerでは、まずリポジトリからイメージを入手します。イメージは、いわば必要なファイルのアーカイブです。コンテナは、このイメージと、その上で動作させるアプリケーションをセットにして起動します。逆に言えば、それ以外のプログラムは一切動作しません。

コンテナ型仮想化

Dockerがどんなものかひとことで言ってしまえば、「アプリケーションを動かす環境を簡単に作れるツール」です。
Dockerを導入して、Webアプリケーションを開発しておけば、ミドルウエア設定やライブラリなどもすべて含めて、現在のサーバの開発環境と全く同じ環境を、別のサーバ上で動かすことができます。

ハイパーバイザー型の仮想化とコンテナ型の仮想化の違い

サーバ仮想化の手段として広く使われているのは、ハイパーバイザーを使った仮想化です。ハイパーバイザーとは、仮想化を実現するソフトウェアのことで、ハードウェアに搭載されているプロセッサーやメモリ、ストレージの容量を細かく分割して複数のユーザーに割り当てる機能を持っています。

「サーバ仮想化」を実現するもう1つのやり方として、コンテナを使う方法があります。この方法は、1つのOSにコンテナといわれる「独立したサーバと同様の振る舞いをする区画」を複数作り、それを個別のユーザーやサービスに割り当てます。利用するユーザーやサービスから見れば、別々のサーバがあたかも独立した個別サーバであるかのように見える点は、ハイパーバイザーを使う場合と同様です。異なるのは、同じOS上で実現するので、全てのコンテナは同じOSしか使えない点です。

ハイパーバイザー型の仮想化とコンテナ型の仮想化の違いをまとめると下記のようになります。

docker02

Dockerの利点

・動作が軽い
利点として動作が非常に軽いということが挙げられます。
従来の仮想化技術はやはり物理環境と比較すると「起動が遅い」「処理速度が落ちる」といった弊害がありました。

OS上のアプリケーションを操作する場合、ハードウェア仮想化においては、仮想化されたハードウェアおよびハイパーバイザーを経由して処理が行われます。この経由している分だけ、通常の物理マシンよりも処理に余分な時間(オーバーヘッド)を要します。
一方で、コンテナ型仮想化はカーネルを共有しており、各プロセスが処理を行うのと同じ程度の時間しかかからないため、ほとんどオーバーヘッドがありません。

・どこでも使える
もう一つの利点としては、どこでも使えるという点が挙げられます。
Linuxカーネルを使っている環境の上であればどこでも動作するため、プラットフォームを意識することなく利用できます。
例えば、AWSのイメージをGoogleのクラウドに移動させる機能などは、各クラウドベンダーでは実装されていませんが、Dockerでイメージのやり取りをすることによって、異なるプラットフォーム間でイメージを共有できます。

Dockerの欠点

Docker 上のコンテナはホストの kernel をそのまま利用します。 そのため、kernel を共有できる Red Hat Enterprise Linux や Ubuntu は共存できるものの、根本的に kernel の異なる Windows Server はホストとなる Linux 上で動かすことはできません。

HyperVisor 型の仮想化はゲストの Kernel 自体も仮想的に動作させるため、Linux 上で Windows を動かしたり、またその逆も実現可能です。

これらの特徴から、Docker には以下の様な欠点があると言えます。

  • 提供できるホストの種類が少ない(Windows Serverはできない)
  • 完全仮想化に比べて、管理者が学ぶべきことが多い

Dockerの設定方法

Dockerの使い方についての説明に入ります。基本的な操作については次回の記事で紹介しますので、本記事ではインストールして起動するまでの手順を紹介します。

設定の流れ

  • Dockerをインストール
  • リポジトリからイメージを入手
  • イメージを起動

インストール

Dockerを利用するためには、dockerパッケージをインストールする必要があります。CentOS7のインストールDVDには同梱されていませんが、CentOSの標準インストールで利用可能ですので、yumコマンドを使ってインストールすることができます。

サービスの起動

Dockerを使うためには、サービスを起動する必要があります。CentOSにおけるDockerのユニット名は、docker.serviceです。dockerは、スタンドアロンのデーモンプロセスとして常駐します。

サービスの自動起動

dockerパッケージをインストールした時点では、dockerサービスは自動的に起動されるように設定されていません。dockerを自動的に開始したい場合には、自動機能の設定を行って下さい。

サービスの手動制御

dockerは、systemdによって管理されます。そのため、systemctlコマンドを使って制御することができます。なお、docker.serviceは、reloadコマンドをサポートしていません。

次回は、Dockerの基本操作について詳しく紹介します。それでは!

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031