Windows 8 / 8.1でパソコンが不安定になった場合の対処方法

2015/11/26 技術系 投稿者:佐藤

Windows 8 / 8.1はWindows 7よりも不安定になることが多いという話を良く聞きます。
今回は、Windows 8 / 8.1※が突然再起動やフリーズを繰り返すなどの不安定な状態になってしまった際の対象方法をいくつかご紹介いたします。
(以降Windows 8.1と省略します。また記事内の画像や手順は全て8.1のものとなります。)

高速スタートアップを無効にする

Windows 8.1の初期設定ではパソコンの起動を早くする目的で、高速スタートアップという機能が有効になっています。

高速スタートアップそのものの詳細については、下記の説明をご覧ください。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1303/21/news107.html

高速スタートアップは起動する際のデバイスドライバのロード・初期化というプロセスを短縮することで起動時間を早くしているのですが、それが災いし機器の動作に不具合を起こすことも多いようです。

▼高速スタートアップを無効にする方法

コントロールパネル(表示方法はカテゴリ) >システムとセキュリティ >電源ボタンの動作の変更 と進み、
「シャットダウン設定」の「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外し、PC を再起動します。

win8_error_001

※チェックを外す部分がグレーアウトしていて変更出来ない場合は、青文字で 現在利用可能ではない設定を変更します という表記があるので一度そちらをクリックするとチェックを外せるようになります。

win8_error_002

以上で高速スタートアップの設定が無効となります。

ハードディスクの電源を切らないようにする

続いて紹介するのは、パソコンを放置するとフリーズしてしまうといった現象に対して特に有効な方法です。

Windows 8.1ではハードディスクに対するアクセス(読み書き)が一切ない状態が一定時間経過したら、ハードディスクの回転を停止させる機能があり消費電力の低下が期待できます。
初期設定で有効になっているのですが、この機能が問題を引き起こす場合もあるようなので、無効にする方法について説明します。

▼ハードディスクの電源を切らないようにする方法

コントロールパネル(表示方法はカテゴリ) >システムとセキュリティ >電源オプション と進み、
現在選択中のプランの横にある プラン設定の変更 をクリックします。


詳細な電源設定の変更 をクリックします。


ハードディスク の項目で、次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る時間を0に変更します。

win8_error_012


適用をクリックした後でOKをクリックします。


この画面ではキャンセルをクリックします。(設定は反映されていますので問題ありません)

win8_error_013

以上がハードディスクの電源を切らないようにする設定です。

また、USB接続の機器が突然認識しなくなる場合には、「USB設定」の「USBのセレクティブサスペンドの設定」を「無効」に、
スリープ状態からの復帰時に不具合が発生するようであれば、「スリープ」の「次の時間が経過後スリープする」を「なし」にしてみてください。

なお、上記の設定を行ってもパソコンをシャットダウンした際にはハードディスクも停止しますのでご安心を。

仮想メモリの削除(初期化)

続いて紹介するのは、仮想メモリの削除(初期化)です。
仮想メモリ内のファイル(ページ)が壊れている場合に作り直すことによって、正常にデータを物理メモリに読み込むことができるようになります。

▼仮想メモリを削除(初期化)する方法


コントロールパネル(表示方法はカテゴリ) >システムとセキュリティ >システム >システムの詳細設定 と進むと、
システムのプロパティが開きますので、詳細設定タブのパフォーマンスの中にある 設定 をクリックします。

win8_error_006


パフォーマンスオプションが開いたら、詳細設定タブの仮想メモリの中にある 変更 をクリックします。

win8_error_007


すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理するのチェックを外した後で、ページングファイルなし にチェックします。
次に設定を押してから、OKボタンで閉じます。

win8_error_008


最後にパソコンの再起動を行うことで、仮想メモリ内のデータを完全に削除することが出来ます。


尚、仮想メモリは通常有効にしておく方が良いので、上記の方法で仮想メモリの削除した後は、すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する にチェックを入れて仮想メモリを有効にしておくことを忘れないようにしてください。

以上が仮想メモリを削除(初期化)する方法です。

IPv6を無効にする

次に紹介するのは、ネットワークの不具合が元で発生するトラブルです。

再起動やフリーズが発生することはあまりなくても、

  • Windows 8.1起動後、なかなかネットワークに接続できない。
  • Webブラウザの起動時及びサイトへアクセス時になかなかアクセスできない。
  • 頻繁にネットワークが遮断する。
  • ハードディスクが常に100%アクセス状態になる。

といった症状が出ている際に試して欲しい対処方法です。

IPv6に対応した環境でない場合、IPv6を有効にしておくより、無効化した方がネットワーク環境が最適化され、改善される可能性があるようです。

▼IPv6を無効にする方法

コントロールパネル(表示方法はカテゴリ) >ネットワークとインターネット
> ネットワークと共有センター >イーサネット >プロパティ と進み、
「インターネット プロトコル バージョン6(TCP/IPv6)」のチェックを外し、「OK」をクリックします。

win8_error_009

最後に「閉じる」 をクリックしてIPv6を無効にする設定は完了です。

ブルースクリーン発生後も、コンピューターを自動的に再起動させないようにする

パソコン利用時にシステムになんらかの不具合が発生し、青い画面(ブルースクリーン)が表示されて突然コンピューターが再起動してしまう場合があります。
青い画面に表示されているエラーメッセージから不具合の原因を特定することができる場合がありますが、初期設定では自動的にコンピューターが再起動してしまうため、エラーメッセージの内容を確認することが困難です。

ブルースクリーンが発生した際にコンピューターが自動的に再起動しないようにするには、下記の設定変更を行ってください

▼ブルースクリーン発生後も、コンピューターを自動的に再起動させないようにする方法


コントロールパネル(表示方法はカテゴリ)>システムとセキュリティ>システム >システムの詳細設定 と進むと、
システムのプロパティが開きますので、詳細設定タブの起動を回復の中にある 設定 をクリックします。

win8_error_010


起動と回復 の設定画面が表示されるので、システムエラー内にある 自動的に再起動する にあるチェックを外して、OKをクリックします。

win8_error_011


再度、システムのプロパティに戻るので OK をクリックします。


最後にコンピュータを再起動して設定は完了となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、Windows 8.1 が不安定になった場合の対処方法として5つ紹介させていただきました。
Windows が不安定になる原因は様々ですが、ブルースクリーンが発生する程の不具合が発生した際に真っ先に行うのは、原因の特定ではなくデータのバックアップを行うことです。
容量的な問題でパソコン内の全てのデータをバックアップすることが難しい場合でも、最低限これだけはなくなっては困る。というデータだけは早急にバックアップを行うことをお勧め致します。

大切なデータのバックアップが出来れば、ある程度余裕を持って原因の特定に挑むことが出来るようになるはずですので、今回紹介した方法を一つ一つ試していただければと思います。

Windowsの不具合に関する情報は利用者が多い分、ニーズもあるかと思いますので追加出来る情報があれば、今後も紹介していきたいと思います。

それでは!

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
ランサムウェア対策

2015/11/24 技術系 投稿者:長澤

ランサムウェアという言葉を聞いたことがありますか?
悪意のあるソフトウェアでパソコンやファイルを使えなくしてしまいます。最近ランサムウェアによる被害が拡大してきています。今回はランサムウェアについてお話します。

ランサムウェアとは

マルウェアの一種です。マルウェアはパソコンを利用しているユーザの許可を得ないで勝手に悪意のあるソフトウェアをパソコンにインストールしてしまいます。
ランサムウェアはパソコンやファイルを暗号化などでユーザが利用できないようにロックし人質に取り、ユーザに対して金銭の支払いを要求します。金銭を支払っても解除ができないなどのトラブルも起きていることが分かっています。
ランサムウェアには主に2つの種類があります。

パソコンのロック

  • パソコンをロックし使えなくします。

ファイルを暗号化

  • 画像ファイルや文章ファイルなど特定の拡張子を持ったファイルに暗号化を施し開けないようにします。

どちらもパソコンやファイルを人質にとり金銭を要求します。ランサムウェアは個人や企業に関係なく全てのパソコンに対して攻撃を仕掛けます。攻撃をする人は可能な限り多くのパソコンに攻撃して金銭の利益を得ようとします。

ランサムウェアの攻撃方法

ランサムウェアの多くはメールに添付されるファイルを開いたり、メールの本文に記載されているWEBサイトへのリンクをクリックした時にインストールされます。その他に悪意あるWEBサイトへアクセスしただけでもランサムウェアに感染することがあります。

ransomware-1

パソコンがランサムウェアに感染した場合、すぐにシステムやファイルがロックされるわけではありません。システムやデータをロックするのに必要なソフトウェアが動くようになるまで表面上はいつも通りパソコンが使えます。その間、見えないところで準備を進めています。準備が整った段階でシステムやファイルがロックされ、パソコンが正常に使えるように戻すための金銭が要求されます。
金銭が要求されるメッセージが表示されたときにはすでにシステムやファイルがロックされているのでデータを保存しようとしても手遅れです。

ランサムウェアに感染した場合

ランサムウェアに感染した場合、データのバックアップをしていないと復旧できる見込みはほとんどありません。ただし、場合によっては金銭を支払わなくてもロックされたデータを復旧できることがあるそうです。

Kaspersky LabではランサムウェアのCoinVaultの感染者に対してデータが復旧できるサイトを開設したので下記にリンクを紹介します。ただし100%復旧できるわけではありませんので注意が必要です。

Kaspersky Lab
ランサムウェアCoinVaultを除去してファイルを復元するには

ランサムウェアに感染した場合、「暗号化されたデータが復旧できます」と紹介されているソフトウェアをインターネット上で見つけても安易に使用しないでください。信頼できるものでなければ使わないでください。このようなソフトウェアは復旧どころか別のウイルスやマルウェアに感染してしまい、被害を大きくしてしまいます。

感染したら支払う必要があるのか?

ランサムウェアに感染した人の多くは、ロックされたシステムやファイルを復旧させるためなら金銭を支払ってもいいと考えています。
ある会社が2014年2月に行った調査によると、ランサムウェアであるCryptoLockerの感染者の40%以上が金銭の支払いに同意したそうです。
しかしながら金銭を支払うことは容認できません。支払ったからといってロックされたシステムやファイルが復旧できるとは限りません。多くの場合、復旧できることはありません。
また、金銭の支払いをしてしまうと攻撃者に対してランサムウェアが有効であることを認めることになります。その結果さらにランサムウェアを悪用し感染の拡大につながるおそれがあります。

ランサムウェアの対策

強力な暗号化技術で暗号化されたファイルは解除するための鍵がないと復旧できません。
さらにランサムウェアの亜種にはファイルサーバなどのネットワーク共有されているデータも全て暗号化できるほど高い機能をもった亜種もあります。
バックアップデータは「読み取りのみを可能にし、削除やフルコントロールのアクセス権限はなし」などの権限を制限したり、バックアップの周期を毎日と毎週に分けさらに保存する領域も別にすることでランサムウェアが重要データを暗号化できないようにする必要があります。

また、各々が利用しているパソコンでも下記の対策は必須です。

  • パソコン内の全てのソフトウェアを常に最新の状態に保ちます。自動更新機能は有効にして最新の更新プログラムを適用させます。
  • ファイアウォールを常時有効にします。
  • 不審な添付ファイルや迷惑メールの本文に記載されている不審なWEBサイトへのリンクを開いたりクリックしないようにします。
  • ウイルス対策ソフトを導入し、定期的にハードディスク内をフルスキャンします。
  • 重要なデータはバックアップをとります。

受信したメールを開くときにも注意が必要です。

  • 送信者の確認は必ず行う
  • メール本文は内容をしっかり確認する
  • メール本文内の怪しいリンクはクリックしない
  • 添付ファイルは内容を確認してから開く

繰り返しますが、ランサムウェア対策で重要なことはウイルス対策ソフトの導入、各ソフトウェアのアップデート、そして重要なデータのバックアップです。
データのバックアップは下記の方法が有効です。

  • DVDやUSBメモリなどの別メディアにバックアップをとる
  • バックアップ先の領域にはアクセス制限を掛ける
  • バックアップの周期と領域は毎日と毎週に分け、それぞれ別領域へバックアップする

ランサムウェアに感染してしまうとデータの復旧はほぼできません。企業の場合、業務が停止します。個人ユーザも大切なデータが使えなくなってしまいます。しっかりと対策していきましょう。
そしてランサムウェアはこれからも広がりをみせ、流行する懸念があります。
最後にIPA(情報処理推進機構)がランサムウェア警告を掲載しているサイトを紹介しますので一度確認してください。

■IPA 情報処理推進機構
「 パソコン内のファイルを人質にとるランサムウェアに注意! 」

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
私がWeb制作で使っているツール(Windows環境)

2015/11/19 サイト制作, 技術系 投稿者:竹内

今回は『私がWeb制作に使用しているツール』についてご紹介いたします。
普段どんなツールでWeb制作をしているのか、制作に携わる人は誰もが気になるところではないでしょうか?
私も他のクリエイターさんがどんなツールで制作をしているのか気になります。

私の職種としては、
Webデザイナーが作成したデザインをHTMLコーディングし、JavaScriptで動きをつけたりする「HTMLコーダー」「フロントエンドエンジニア」が近いと思います。

開発環境は
世間的にはMac環境で制作を行っている方が多そうですが、私はWindowsで制作を行っています。

というわけで、今日はWindows環境で私が使っている制作関連のツールのご紹介をします。

Adobe Design and Web Premium CS6

img_tool01

大雑把に基本コレです。AdobeのCS6。
現在はCreative Cloud(CC)が主流かもしれませんが、最後のパッケージ製品ということでCS6を使っております。
最近デザイナーからあがってくるデザインがCC版だったりしてアラートが出ることがあります。いつまで使えるのでしょうか・・・心配です。

HTMLエディタ、テキストエディタ

WindowsやMacに最初から入ってるメモ帳などのツールでも制作は可能ですが、Web制作用に作られたエディタの方が何かと便利です。

Crescent Eve

img_tool02

HTMLやCSSに使うメインのエディタはフリーのこれを使っています。
とにかく軽くて特にカスタマイズしなくても私の使い方に合った動きをしてくれるので重宝しています。
自分好みにカスタマイズ出来るのが良いと言う人もいますが、私にとっては何もせずしっくり来るのがベスト。

HTMLやCSSの入力補完の他に、SHIFT+Enterで改行タグを打てたり、CTRL+Enterで閉じタグを打てるのが気に入っています。
タグ打ちの時に閉じタグまで自動で入れてくれるツールがありますが、私は自分で任意に打てる方が好みです。

JavaScript系のファイルで改行が無くずらずらっと書かれているファイルを開こうとすると固まってしまうのが唯一の欠点です。

Adobe Dreamweaver CS6

img_tool03

Macromedia時代からお世話になっています。
フォルダ越しの検索や一括置換、たまーに使うクリッカブルマップなどに使います。
ただ、多機能すぎてイマイチ軽快に動かないので、メインを務めることは無いです。

Adobe Brackets

img_tool04

最近ちょくちょくこれを使うようになりました。
基本的な入力補完や各種使い方の他、上下や左右にHTMLとCSSを並べてコーディング出来たりします。
Dreamweaverからコーディングに使う部分だけ抜き出したような感じです。

画像加工ツール

デザインを作成したり、切り出したり、バナーを作ったり、Web制作を行うにあたって必ず必要になる画像加工ツール。

Adobe Fireworks CS6

img_tool05

こちらもMacromedia時代からお世話になっています。
後述するPhotoshopも使うには使うのですが、私はデザインを作るわけではなく、出来上がっているデザインからWeb用の画像へスライスするのに使いますので、圧倒的にスライスの使い勝手が良いFireworksをメインに使っています。
イラレやフォトショで作られたデザインからパーツ毎にFireworksに持ってきてスライスをかけて切り出しを行っています。
AdobeCCになってから新バージョンの開発が打ち切られたようですが、こちらもいつまで使えるのでしょうか。私のようなFireworks信者も少なからず居るはずです。
「AdobeCCに入っているのは知ってるが、使ったことは無いな。」と言う方、スライス専用ツールとして一度使ってみてはいかがでしょうか?

Adobe Photoshop CS6

img_tool06

王道フォトショ。Web制作の現場において使えないと始まらないツールではありますが、デザイナーではないのでガッツリとは使っていません。
デザインデータがPhotoshopであがってくることもあるのと、文字通り写真の加工(切り抜きや色味の調整など)に使っています。
また、最近は必須とも言えるfavicon画像はPhotoshopのプラグインを使って作っています。

Adobe Illustrator CS6

img_tool07

王道イラレ。こちらも無くてはならないツールではありますが、これでデザインデータがあがってくることがほとんどなので「イラレデータからパーツ毎にFireworksに持ってきてスライスをあてて切り出す」の流れが私の主な使い方です。

ブラウザツール(アドオン)

デバッグツール Firebug

img_tool08

Firefoxのアドオンとして使用するデバッグツールです。各種ブラウザに標準でデバッグツールがありますが、なんだかんだでこれが一番わかりやすいと思います。

スクリーンショット Fireshot

img_tool09

こちらもFirefoxのアドオンです。画面の外側の領域も含めてスクリーンショットを撮るツールです。

IE11 開発者ツール

IE11上で「F12キー」を押すと出てきます。主に旧IE系の表示確認に用います。

FTP・SCPツール

FileZilla

img_tool10

FTPのアップロード、ダウンロードツールにはFileZillaを使っています。
FFFTPを使っていた時期が長かったのですが、いろいろ問題があったり、MacでもWindowsでも両方使えるツールということで乗り換えました。
アップデートが比較的頻繁で安心できそうってのも最近は乗り換えて良かったなと感じます。

WinSCP

img_tool11

上記FileZillaがあればほとんど事足りてしまうのですが、例えば
「テスト環境と本番環境でアップロード用ツールを使い分ける」ことにより、本番環境へテスト用データやファイルをあげてしまうといった重大なミスを未然に防ぐ事ができると思います。
同じようなミスを経験したことのある方、是非アップロードツールの使い分けをお試し下さい。

圧縮・解凍ツール

CubeICE

img_tool12

WebデザイナーはMacで制作を行っている方がほとんどで、Mac環境で制作したデータをzip圧縮してファイル転送サービスで送る事が多いと思います。
そのようなデータを私のようにWindows環境でデザインデータを開こうとすると文字化けが起きたり、不要なファイルが生成されたり不都合があります。
特にIllustratorデータに組み込まれる画像ファイルが日本語名だったりすると文字化けが起こってまともにデータが開きません。
そんなMac・Windows間のデータのやり取りで使えるのがこのCubeICEです。Mac側は今まで通りで特に気にすることも無く、zipを解凍するWindows側だけがこちらのツールで解凍するだけです。
Mac使いのデザイナーに配慮するWindows使いの真摯な対応の構図です。

その他オンラインサービス

diffツール

HTMLやCSSなどのファイルを更新する際、現行ファイルと前回更新したファイルを確認して、それにならって新たに更新を行うということがあります。
「どこをどう更新したのか」を知るために、2つのファイルの更新されている箇所(異なっている箇所)を確認するのに使うのがdiffツールです。
Google先生に「diff ツール」などと検索すればオンラインdiffツールがいっぱいでてきます。

画像圧縮サービス

現行サイトをスマホ対応するとき、PC用の画像をスマホでも流用しますので画像ファイルサイズが大きいとページの表示速度が遅くなってしまいます。
一般的にページ表示に2秒かかってしまうと閲覧者は出て行ってしまうと言われているので、なるべく画像データは軽くしたいところです。
そんな時にWeb上で画像の劣化を抑えた状態で圧縮してくれるサービスがあります。
こちらも検索してみるといろいろ出てくるので調べてみてください。
フォルダごと一気にやってくれるところもありますので何かと重宝します。

ベクターデータ作成サービス

「画像ファイル自体はあるのにイラレデータが無くて大きな画像が作れない。」といったことがたまにあります。
ロゴやシンプルな画像であれば簡単にベクターデータにしてくれて、大きな画像が使えるようになります。
形や加工元データによってはイマイチな仕上がりになることもあるので、そこから更に自分で加工を行う必要はあると思います。

最後に

改めてこうやって自分の使っているツールを並べてみると、とりたてて珍しくもなくありきたりなツールばかりだなと感じました。
ありきたりであるからこそ、ネット上で基本的な使い方や便利な使い方が溢れており、開発がしやすいとも言えます。

やはりAdobe系のツールに頼ることが多く、Microsoft Office、AdobeCC(CS)系はビジネスの世界ではデファクトスタンダードなのだなと改めて実感しました。

最近はHTML5とCSS3、jQuery、レスポンシブデザイン(スマホ対応)に慣れてきて、徐々に使いこなしつつあるかなと思っています。
今はSEOやアクセス解析を勉強・実践中ではありますが、今後のエンジニアとしての技術面では「Sass」や「Emmet」などで作業効率を上げる方向に持っていければと考えています。

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
GoPro HERO4 でGoProApp以外のアプリを使用してみよう

2015/11/12 技術系 投稿者:細谷

GoProをご存知でしょうか?
アクションカメラと呼ばれる軽量・小型なカメラのうちの一つで誰でも簡単に臨場感あふれる映像が撮影ができる優れものです。
今やテレビ番組の撮影から、ホームビデオの撮影までいたるところで使用されているGoPro。
GoProの公式サイトで公開されている動画を見て自分も動画を撮ってみたいと思い購入しました。

GoProを使用する上であると便利なのがスマートフォン用のアプリです。メーカー純正のアプリとしてGoPro Appがあります。
私が使用しているGoPro4 SilverEditionのようにカメラの背面にディスプレイがある場合は、どのような映像が撮影できるか確認ができますが、背面ディスプレイがない場合は映像の確認がGoPro単体だとできません。
どのような映像がとれているか確認する意味でもとても便利なアプリです。
離れた位置(およそ10mほど)から録画や写真をとることができるため、身に着けるだけでなく別の視点からの撮影の開始も可能になります。
GoProAppで機能的には十分だと感じましたが、Googleのプレイストアには、いくつかGoPro用のアプリが出ているようです。
気になったアプリをGoProAppと比較してまとめてみたいと思います。

今回使用した機器のスペックは以下の通りです。
カメラ:GoPro4 SilverEdition
スマートフォン:Xperia A4(SO-04G)
OS:Andoroid 5.0.2

GoProとスマートフォンを接続するには初期設定が必要です。GoProへの接続方法はこちらこちらのサイトをご覧ください。
今回使用してみた3つのアプリの機能を一覧にしました。詳細は各項目をご覧ください。

アプリ名 GoPro App  GoPro Action Cam Suite

10app用GoProと
DJIドローン動画の編集とシェア

リモートコントロール
(電源ON/OFF、撮影スタート/ストップ)

 ○  ○  △(レスポンスが悪い)
GoProカメラに保存された動画を再生、削除  ○  ○  ○
GoProカメラに保存された動画、写真をスマホ側に転送  ○  ○  ○
GoProのカメラ設定を変更  ○  ○  ○
GoProで撮影した動画の編集  ×  ×  ○
GoProカメラのファームウェアアップデート  ○  ×  ×

 

GoPro App

アプリのバージョン:2.9.1551

■各種機能

  • リモートコントロール(電源ON/OFF、撮影スタート/ストップ)
  • GoProカメラに保存された動画を再生、削除
  • GoProカメラに保存された動画、写真をスマホ側に転送
  • GoProのカメラ設定を細かく変更
  • GoProカメラのファームウェアアップデート

GoPro Appについては他の方がご紹介されてるのでそちらを参考にしてください。
GoPro
動画の確認画面
gopro2
設定項目画面
<goproApp4

■気になったポイント
初期設定の際に一番丁寧に操作方法を説明してもらえます。
ただ、内容は英語になってしまいますがそこは画像で操作方法をうまくカバーしていると感じました。

GoProAppはインターフェースやアイコンがGoPro本体と一緒の為、本体を利用していればなんとなくでも操作ができるかと思います。
基本的にどの項目も英語な為直感的に操作がしやすいです。

GoProのカメラはファームウェアのアップデートが可能です。
アップデートはGoProをパソコンについてないでGoProStudioというソフトを起動させないアップデートができません。
スマートフォンを通してついでにアップデートができるところはとても便利です。

GoProに対する設定項目がほかのアプリよりも細かくできる為GoProの本体の調整がしやすいです。

GoPro Action Cam Suite

アプリのバージョン:2.2.3

公式のアプリと同じくGoProへスマートフォンを通して遠隔で操作をできるようにするアプリです。

■各種機能

  • リモートコントロール(電源ON/OFF、撮影スタート/ストップ)
  • GoProカメラに保存された動画を再生、削除
  • GoProカメラに保存された動画、写真をスマホ側に転送
  • GoProのカメラ設定を変更

■気になったポイント
録画ボタンが大きくて押しやすいです。手袋をしながら録画ボタンを押したりするので大きいほうが便利です。
ActionCam
設定項目は公式に比べて数は少ないですが、基本的な解像度の設定やについては設定が可能です。
このくらいの設定項目数でも十分だと感じました。
ActionCam3
公式のアプリではスマートフォンでGoProを繋いでおくと、GoPro本体の画面には何も映らなくなってしまいます。
GoPro Action Cam SuiteではGoProから撮影中でも確認することができます。

動画の撮影・動画の閲覧ができますので公式のアプリのように一通りの機能を備えています。
GoProAppよりもシンプルであまり設定にこだわらないのであればこのアプリで良さそうです。

ただ、無料のアプリなので仕方ないことかもしれませんが、広告の表示が初めの接続画面で出てきてしまうのが気になりました。
有料(549円)ですがアプリ内でCamSuite Pro Packを購入すると広告は映らなくなります。
追加される機能は以下の通りです。

  • GoProのアルバムをスマートフォン側でスライドショーとして表示ができます。
  • スマートフォンへGoProの動画・写真をダウンロードするときにフルHDでダウンロードができます。
  • 動画の保存先を選ぶことができます。ただし、クラウドストレージとの連携はできないようです。

10app用GoProとDJIドローン動画の編集とシェア

アプリのバージョン:0.9.9

GoProとDJIのカメラを両方スマホから遠隔で見ることができるアプリです。
■各種機能

  • リモートコントロール(電源ON/OFF、撮影スタート/ストップ)
  • GoProカメラに保存された動画を再生、削除
  • GoProカメラに保存された動画、写真をスマホ側に転送
  • GoProカメラ設定を変更
  • 動画の編集が簡単にできる
  • DJIカメラと二つ同時に接続ができる

■気になったポイント
GoProからスマートフォンへ映し出す映像のレスポンスが非常に悪いです。
GoProで映し出してから5秒ほど後にスマートフォンへ映像が映し出されます。
レスポンスが良い時もありましたが、私が使用した場合だとレスポンスが遅い場合がほとんどでした。
10app1
録画ボタンが大きくて押しやすいです。ただ、録画ボタンが場所をとりすぎて画面が小さく感じました。
一目でバッテリーとデータ容量がわかるのもとても見やすいです。

右下の方にflipCameraの文字があり、タッチすると画面が上下反転されるようです。すぐに遠隔で反転できる機能はとても面白いです。
無料のアプリにありがちな広告も特にないようです。
GoProだけでなくDJIのカメラも一緒に接続できるようなので二つの画面を使用して録画するというテクニカルな操作もできそうです。

このアプリに関しては編集がすごく簡単にできるところがポイントです。
フィルターをかけたり
10app2
BGMを変更できたり
10app3
テキストをいれることも可能です。
10app4

また、自動的に動画の見どころを選んでくれるため動画をとってすぐにSNSへアップロードをする場合は使い勝手が良いです。
パソコンで編集はせずさくっと編集したいという方にお勧めです。

まとめ

紹介してきたアプリはどれも英語でしか対応していないようです。簡単な英語で項目が作られてはいますが慣れが必要かと思います。
日本語版のアプリがあればいいのにと感じました。
基本的な撮影と動画の確認に関しては初期設定のしやすさとGoPro本体への設定項目が豊富な公式のGoPro Appが一番使いやすいかと思いました。
それ以外の動画の編集機能については使用してみる価値はあると思います。
GoProでどんなことをしたいかによってアプリの選択も変わってきますので試してみてはいかがでしょうか。

 

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
Amazon WorkSpacesでノマドワーキング(後編)

2015/11/10 AWS, 技術系 投稿者:千本木

前編ではAmazon WorkSpacesを起動するところまでできました。
後編ではWorkSpacesを実際に使っていきたいと思います。

WorkSpacesの仮想CPUの実態は

今回私が契約したのは1vCPU、メモリ2GiB、ディスク10GBのValueプラン。

最小構成ながらキビキビ動きますが、1vCPUって実態としてどのように認識されているのか気になり、確認してみるとXeon E5-2676v3と認識されていました。

ws2-03

ちなみにOSもWindows 7 と謳われていましたがWindows Server 2008 R2 Datacenterとなっていますね。

ベンチマークを測ってみる

CPUベンチマーク結果(CINEBENCH R15)

1 vCPUなのでシングルスレッドしか計測できませんが、結果としては93cbでした。

ws2-13

AKIBA PC Hotlineさんで様々なCPUに対してCINEBENCH R15を走らせていますので参考にさせて頂くと、シングルスレッド能力は大体AMD A10-7870Kとほぼ同等で、Celeron G1840には劣るということが分かりました。

ディスクベンチマーク結果(CrystalDiskMark 5.0.3 x64)

続いてCrystalDiskMarkでベンチマークを実施。結果は以下の通りです。

ws2-15

恐らくSSDを載せて仮想化しているのだと思いますが、その影響か単体のSSD等に比べるとスコアが伸び悩んでいる感じです。シーケンシャルはHDDよりも遅く4KはHDDよりも速そうだという結果になりました。

総じてシングルコアですが大体エントリーレベルのパソコンの性能と言えそうです。

はじめにWindows Update

まずはなによりWindows Updateです。

起動したばかりのWorkSpacesをWindows Updateしてみると2015年10月30日の時点では重要な更新が17個ありました。

ws2-01

業務上での利用を考える

タイトルにもあるように、今回の目的はWorkSpacesを使ったノマドワーキングです。すなわちWorkSpacesを業務利用できるかどうかが焦点です。

基本的にはWindows 7が動いている状況ですので、現時点でも十分使えそうなところですが、WorkSpacesならではの課題を考えてみたいと思います。

セキュリティ対策ソフトは何を使えば良い?

ESET Smart Security

私がインストールしたのはValueプランなので、セキュリティ対策ソフト等はインストールされていません。そこで、ESET Smart Securityの体験版を試しにインストールしてみました。

結果は残念ながらインストールでませんでした。

ws2-02-1

Norton Security

このまま進めるのも怖いので、同じく体験版があったNorton Securityをインストールしてみます。

結果は・・・やはりインストールできず。

ws2-06

ウイルスバスター

更に体験版のウイルスバスターも検証しましたがこれもNG。

ws2-07

Amazonのドキュメントを確認すると以下のように技術制限はないものの、どうやらWindows Server 2008 R2 Datacenterと認識されてしまうからなのか、サポートしているOSではないと言われてインストールができない模様です。

Q: どのソフトウェアを WorkSpace にインストールできますか?

Amazon WorkSpaces サービスには、インストールできるソフトウェアの種類に関する技術的な制限はありません。Windows Server 2008 R2 で提供される Windows 7 エクスペリエンスと互換性のあるアプリケーションであれば、WorkSpace で動作します。

Microsoft Security Essentials

それではWindowsを開発しているMicrosoft社謹製の無償セキュリティ対策ソフトMicrosoft Security Essentialsはどうかというと・・・。

無事インストールできました。

ws2-12

というわけで今回正常にインストールできたのはMicrosoft Security Essentialsだけということになりました。

全てのセキュリティ対策ソフトを検証したわけではありませんが、上記のメジャーどころの有償セキュリティ対策ソフトがインストールできないため、無償のMicrosoft Security Essentialsを使うか、Worry Free Business Security ServicesがバンドルされるOfficeが付属するバージョンを使った方が良いのではないかと思います。

ISMS等で会社側からセキュリティ対策ソフトの指定がある場合には、WorkSpacesの利用はかなり難しくなる可能性がありそうです。

WorkSpacesから印刷はできるの?

クラウド上の仮想デスクトップであるWorkSpacesですが、業務上の利用を考えるとドキュメントを印刷するケースは多いのではないでしょうか。

実はWorkSpacesは接続元PCのプリンタを参照して印刷することが可能です。

WorkSpacesで「デバイスとプリンター」を参照すると、接続元のPCが利用しているプリンタが参照できます。私の場合もEPSONのプリンタが参照できました。

ws2-04-1

しかしながら、接続元PCが使用しているプリンタがないという場合もあるようです。
私の場合もOKIのプリンタを使用していますが、上図のとおりWorkSpaces上には表示されませんでした。

こんな場合は、WorkSpaces上でドライバをインストールします。

プリンタのプロパティから「ポート」を参照するとPCoIP~という見慣れないポートがありますが、これが接続元PCが使用しているプリンタへ接続するポートというわけです。

ws2-05-2

通常通りインストールを行って、ポートを変更すると問題なく印刷ができるようになりました。

印刷に関してはどうにかなりそうです。

ファイル共有はもちろんWorkDocsで

ファイル共有については以前ご紹介したWorkDocsを使えば実現できます。

というか、WorkDocsを使う前提のディスク容量ですよね・・・。

WorkSpacesではUSBメモリ等の物理デバイスは使用できないので、WorkDocs等のクラウドストレージを活用したいところです。

固定IPアドレスを設定したい

業務利用としてWorkSpacesを使って開発環境や特定のシステムにアクセスすることを考えた場合、IPアドレスが固定されていた方が何かと便利です。

このようなことはできないかと公式ドキュメントを見ていたらありました。

というわけで早速実践してみたいと思います。やり方はドキュメント通り。

  1. Amazon WorkSpaces コンソール(https://console.aws.amazon.com/workspaces/)を開きます。
  2. 左側のナビゲーションペインで [WorkSpaces] を選択し、Elastic IPアドレスを適用する WorkSpacesを選択し、右矢印ボタンをクリックして WorkSpacesの詳細を表示します。[WorkSpace IP] の値を書き留めておきます。
    ws2-08
  3. https://console.aws.amazon.com/ec2/にあるAmazon EC2コンソールを開きます。
  4. 目的のリージョンを選択します。
  5. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択し、使用していないVPCアドレスを選択するか、またはVPCの新しいアドレスを割り当てます。
    ws2-09
    ws2-10
  6. アドレスを選択し、[アドレスの関連付け] をクリックし、ステップ2で見つかった[WorkSpace IP] の値を [ネットワークインターフェイス] フィールドに入力します。そのIPアドレスが割り当てられたElastic Network Interface(ENI)の識別子が、検索リストに表示されます。これはWorkSpacesのENIです。ENI識別子を選択します。WorkSpacesのIPアドレスが [プライベートIPアドレス] フィールドに表示されます。
    ws2-11
  7. [再関連付け] を選択し、必要に応じて後でElastic IPアドレスを再割り当てできるようにして、[関連付け] をクリックします。
  8. WorkSpacesのセキュリティグループで、すべての宛先(0.0.0.0/0)へのポート 80(HTTP)と 443(HTTPS)のアウトバウンドトラフィック(HTTPS)を許可します。WorkSpacesセキュリティグループを見つける方法については、「WorkSpacesセキュリティグループ」を参照してください。
  9. これで、WorkSpacesからのインターネット接続が許可されました。既存の各 WorkSpacesについて、このプロセスを繰り返します。

上記の設定でWorkSpacesを固定IPアドレス化することができました。

まとめ

上述した以外にも業務上利用するソフトウェアのOS依存問題の検証も必要かと思いますが、十分利用できるものであると思いました。

ただし、どのプランもディスク容量が少なく、WorkDocsWorkMailなどをはじめとしたクラウド上のサービスと連携して使うことを前提としているようですので、導入にあたっては、企業のデータをクラウド上のサービスに外出しして運用するセキュリティ的なリスクをきちんと考えておく必要がありそうです。

また、セキュリティ的な部分は検証の余地があるとも感じましたので、別の機会があれば検証してご紹介したいと思います。

前回も紹介しておりますが価格的なメリットは非常に大きいので、シンクライアントをご検討の皆さん、一度WorkSpacesを検討してみてはいかがでしょうか。

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
Amazon WorkSpacesでノマドワーキング(前編)

2015/11/05 AWS, 技術系 投稿者:千本木

仮想デスクトップ、いわゆるシンクライアントを実現するには、CiTRiX社の製品が有名ですが、導入にはソフトウェアライセンスや仮想デスクトップ環境を格納するサーバが必要になります。

このためメリットは理解していてもどうしてもライセンスやサーバなどを導入するコスト面がネックになり導入に踏み切れないというケースを良く耳にします。

そんなニーズに応えるサービスがAmazon Web Services上にWorkSpacesという名で存在します。

AWSは、どちらかというとEC2やRDSなどのイメージが強いためか、AWS上で仮想デスクトップが使用できることはあまり知られていないように感じます。

そこで今回から2回に渡り、このWorkSpacesを紹介いたします。

1回目の今回はWorkSpacesで仮想Windowsデスクトップ環境に接続するまでをお送りします。

WorkSpacesとは

Amazon Web Service上で提供されるエンタープライズアプリケーションに属する画面転送型の仮想Windowsデスクトップで、初期費用は不要で月額$34から利用することが可能です。

WorkSpacesのメリット

WorkSpacesには以下のようなメリットがあります。

  • 月額制なので、コスト面での導入の敷居が低い
  • ハードウェア故障の不安低減(自動バックアップと自動復旧機能あり)
  • AWS上にあるためネットワークが繋がればどこからでもアクセスが可能
  • すぐに利用開始できるため、システム開発やソフトウェア等で検証環境がすぐに必要な場合に重宝
  • 利用するクライアント側はWindowsやMacだけでなく、iOSやAndroidなどなど、対応しているOSが豊富

WorkSpacesを使ってみよう

では、早速WorkSpacesを使ってみます。AWSのWorkSpacesへアクセスします。

ws01

英語で書かれていますが以下の流れのようです。

  • ステップ1 WorkSpaceのプランを選択し、ユーザーを設定する
  • ステップ2 パスワードを設定して接続用クライアントをダウンロードする
  • ステップ3 Amazon WrokSpacesが使える

では「Get Started Now」をクリックし設定を進めましょう。

ステップ1 WorkSpaceのプランを選択し、ユーザーを設定する

設定開始

次の画面ではQuick SetupとAdvanced Setupが選択できますが、お手軽に進めたいのでQuick SetupのLaunchをクリックして進みます。

ws02

プランの選択

次の画面ではプランを選択します。

ws03

プランとしてはValue / Standard / Performanceの3タイプにOfficeなし、Office 2010、Office2013を組み合わせることになり合計9パターンから選択することになります。

プラン名 CPU メモリ ストレージ Office 月額
Value 1 vCPU 2GiB 10GB なし $34
Value Plus with Office 2010 2010 $49
Value Plus with Office 2013 2013
Standard 2 vCPU 4GiB 50GB なし $47
Standard Plus with Office 2010 2010 $62
Standard Plus with Office 2013 2013
Performance 2 vCPU 7.5GiB 100GB なし $78
Performance Plus with Office 2010 2010 $93
Performance Plus with Office 2013 2013

OSはWindows 7 Experienceのみで、Office付属版ではProfessional版が使えるだけでなく、トレンドマイクロ社のWorry Free Business Security Servicesもインストールされるようです。


ws05

ユーザー情報の入力

次にユーザー情報を入力します。

ws06

20分ほどで出来上がり

次に進むと、どうやらこれでWorkSpacesが起動した模様。

ws07

20分ほどで出来上がるから待ってなさいとのこと。

ws08

PendingからAvailableにステータスが変わりましたのでこれで使えるようです。

ws09

ステップ2 パスワードを設定して接続用クライアントをダウンロードする

メールを確認

次に設定したユーザーにパスワードを設定します。

パスワードを設定するには先ほどユーザー情報登録の際に指定したメールアドレス宛に届いたメールを確認します。

ws11-2

パスワードを設定

指定されたURLに飛ぶと、ユーザー情報の設定になりここでパスワードを設定することができます。

ws12-2

クライアントソフトのダウンロードとインストール

パスワード設定が完了すると、WorkSpacesのクライアントソフトをダウンロードする画面へ遷移しますので、ご利用の機種に合ったソフトをダウンロードしインストールします。

ws13

iOSやAndroid、Chrome bookだけでなくKindle Fireに対応しているのがAmazonぽいですね。

ステップ3 Amazon WrokSpacesが使える

ログイン

では早速インストールしたWorkSpacesのクライアントソフトを起動し先ほど設定したユーザー情報でログインします。

ws14

無事接続完了

何事もなく簡単に接続が完了しました。

ws15

普段LAN内でリモートデスクトップ接続を行っているのでLAN内でのレスポンス速度は把握しているつもりですが、WorkSpacesのレスポンスはLAN内とそん色ないレベルのように感じました。非常に良好です。

長くなりましたので、次回は今回使えるようになったWindows環境を掘り下げてご紹介いたします。

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

PRODUCE ネディアプロデュース
群馬データセンター
群馬の法人ITサポートサービス Wide Net[ワイドネット]
ワイドオフィス
イヤホンのブランドでハイクラスを誇る | n+um(エニューム)