Mobike いいかも!

2017/08/29 その他 投稿者:王

2017年6月、中国発自転車シェアリングサービス「Mobike(モバイク)」は福岡県福岡市に日本法人となる「モバイク・ジャパン」本社を設立しました。
Mobikeは、2016年4月22日に上海市でサービスを開始して以降、たった14ヵ月で1日総利用回数2000万回、総登録者数1億、調達総額約9億2500万ドル(1027億円)という規模に達したといいます。

中国を中心に100以上の都市に導入し、日本は、中国、シンガポール、イギリス、イタリアに続く5ヶ国目のサービス展開となります。
私が中国から離れて一年という短い期間で、自転車シェアリングサービスが0からかなり速いスピードで中国国内で社会現象になっているのが毎日友人達がSNSにアップした写真を見ていて分かります。

しかしMobikeがこれだけ短期間で爆発的な勢いで成長し、さらに他国進出するとは思いませんでした。
その魅力はどこにあるのでしょうか?

Mobike公式サイト:https://www.mobike.com/jp/

お盆休みの帰国を機にMobikeを体験してみました。


ある晴れた午後、同じ夏休み中で暇してる弟を呼んで一緒に出かけました。

● ダウンロードしたアプリを開くと、自分の位置近くにある自転車がアイコンで表示されます。


まず登録するには携帯番号認証→支払い方法追加→デポジット支払い→チャージという順番でやっていきます。


● 日本の携帯番号で認証できました!



● 支払い方法を追加して、デポジット3000円を支払います。(日本携帯で登録していたせいか、中国銀行発行のクレジットカードでも日本円で引き落とされます)
このデポジットはいつでも返還できます。



● チャージ金額は500円~5000円の4段階から選べます。
(キャンペーン期間中にチャージすると無料乗り回数券も付いているようです。)



● チャージできました!



早速近くにあるMobikeに乗ってみましょう!


● 見かけた自転車を選び、前後2ヵ所についているQRコードのどちらかをスキャンして開錠します。





● 待ち時間約3秒。



● 開錠する時点からサービス開始です!画面はこんな感じです。



●使用時間、距離、消費カロリーまで記録されます。

ちなみに中国価格は16.7円/30minですが、日本の場合は50円/30min(キャンペーン価格、終了日未定)になります。
目的地に向かっている途中でもシェアリング自転車を利用する若者を多く見かけます。


● 目的地に到着したら、他人の利用しやすいところに秩序良く自転車を停め、手動で施錠すると今回のサービスを終了します。



● 今回の乗車詳細を確認してみますと、


距離、時間、路線など記録してくれました。
消費カロリーはあくまでも参考です(笑)

あまりにも乗り心地が良すぎて、その後も2回乗りました。



まとめ

モバイル+バイク。GPS搭載国民的なIoTシステムを体験してみた感想は下記になります:

良いと思う点

●どこでも乗り捨てOK。駅から降りて目的地まで微妙に歩きたくない距離などいろんな使い方があります。
●旅行先で交通手段がない時、街の風景を満喫したい時に使いやすい。
●車で行きづらいところもスイスイ行きます。
●見かけた自転車を乗って行っていい。既定の返還スポットがなく、好きな場所(交通の妨げにならない場所)に停めていい。
●渋滞を避けることが可能。
●ECO!二酸化炭素削減につながります。
●現在50円/30min(キャンペーン価格、終了日未定)となっています、手頃な価格だと思います。
●4年間メンテナンスフリーとするため、しっかりした車体とパンクレスタイヤを採用し、車種によってチェーンはなくシャフトドライブで後輪を動かす仕組みも取り入れています。

●車体が若干重い割に乗りやすくて長距離のライドでも疲れにくい。
●おかげで町の再発見ができました。

疑問に思う点

●各社の競合による自転車の過量投入が新たな社会問題を起こす可能性があります。
●駐車スポットが決まっていないため、自動車や歩行者の邪魔になる不当駐車がとても多い。

●アプリの言語設定が不明。操作画面は中国語がメインで、協定や説明などの文章は英語か日本語で表示する状態となっています。

注:8月21日に行われたアプリのアップデートにより、日本語に対応しました。記事内画像はアップデート前の画像です。


Mobikeは8月22日札幌市内でローンチイベントを開催しました、8月23日からサービス開始しています。Mobikeのほか、同じ中国発自転車シェアリング「ofo(オッフォ)」もソフトバンク コマース&サービスとの日本国内において協業で展開することについて基本合意したと今月発表されました。 この自転車シェアリングビジネスは中国で成功したとはいえ、日本でも同じビジネスモデルが通用するとは限りません。日本の文化や制度、法律に適したモデルをどう作っていくのかを見守っていきたいと思います。

参考: Mobikeしよう!https://www.mobike.com/jp/

ofoとソフトバンク コマース&サービス、シェアバイク事業の協業について基本合意

シェア自転車 モバイクが札幌で国内初の事業スタート

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
WordPressで推奨されるパーミッション設定について

2017/08/22 技術系 投稿者:佐藤

以前、WordPressをインストールしたらまず行うセキュリティ対策 という記事を書きました。 今回は、WordPressを構成するファイル及びディレクトリの推奨するパーミッション設定について解説したいと思います。

パーミッション(アクセス権)とは

まず初めにパーミッションについて簡単に説明します。 パーミッションとはファイルやディレクトリを開いたり編集したりするときの権限設定のことです。 Linuxで作成されるファイルやディレクトリにはパーミッションが設定されます。これでユーザごとにファイルへのアクセスの許可または禁止を設定できます。 アクセス権には、以下の3種類があります。 【 ファイルへのアクセス権限 】
アクセス権 英字 数字 説明
読み取り r 4  read ファイルの読み取りが可能 ( 内容表示など )
書き込み w 2  write ファイルへの書き込みが可能 ( 編集や上書きコピーなど )
実行 x 1  execute ファイルの実行が可能 ( プログラムやシェルスクリプトの実行 )
【 ディレクトリへのアクセス権限 】
アクセス権 英字 数字 説明
読み取り r 4  read ディレクトリの読み取りが可能 (ディレクトリに登録されているファイル名の表示)
書き込み w 2  write ディレクトリの書き込みが可能 ( 新規ファイル作成、削除、名前変更など)
実行 x 1  execute ディレクトリに登録されいているファイルへのアクセスが可能
アクセス権は左から3文字ずつ、
    • ユーザー(所有者)のアクセス権
    • グループのアクセス権
    • その他ユーザーのアクセス権
を表しており、「rwx rw- r–」の場合、
  • ユーザー(所有者)に対しては、読み取り可能、書き込み可能、実行可能
  • グループに対しては、読み取り可能、書き込み可能
  • その他ユーザーに対しては、読み取り可能
という意味になります。 最後に数値で表す場合には、「読み取り=4」、「書き込み=2」、「実行=1」として所有者、グループ、その他ユーザーごとに足した数値で表します。 下記の場合、「764」というのがアクセス権を数値で表したものとなります。 ———————————– 所有者 グループ その他ユーザー ———————————– rwx rw- r– 421 42 4 ↓ ↓ ↓ 7 6 4 ———————————– 例えば、一般ユーザはシステムに関するファイルへの書き込みは出来ないようになっており、誤って上書きやファイルを消してしまったりすることが出来ないようにしています。 このようにパーミッションはセキュリティのために存在していると言っても過言でありません。そして、パーミッション設定は余分な書き込みや実行許可を与えないようにしておくことが基本となります。

WordPressは常に狙われている!

前回の記事でも記載しておりますが、 WordPressはオープンソースであるため、無料で使用でき、プラグインも豊富なので、世界中で最も利用されているCMSの1つです。 ただその反面、オープンソースであるゆえに、脆弱性が発見されやすくハッカーの標的になりやすい、といった特徴もあります。

WordPressで理想的なパーミッションの設定

パーミッション設定がセキュリティに大きな効果があることは前述しましたが、当然WordPress利用時でもそれは同じです。 環境や運用面などで適切な設定は変わってきますが、一般的に推奨されているパーミッションを紹介します。

.htaccess

「604」か「606」 「.htaccess」ファイルが書き換えられてしまう事例が多発していますので、パーミッション設定は必須です。パーマリンクの設定が出来るようにするには「606」にします。

wp-config.php

「400」か「600」 ファイルのオーナーのみが読み込むことが出来る「400」が最も安全な設定になります。 インストーラ(レンタルサーバーなどで用意されているWordPressの自動インストールなど)でwp-config.phpを作成した場合、パーミッションは「646」か「666」になっています。この場合、オーナーは「Apache」になってしまいますので、自分自身では変更できません。 そのため、FTPソフトなどでwp-config.phpをダウンロードして、サーバー上のwp-config.phpを削除して、再アップロードします。これでオーナーが自分になり、パーミッションの設定ができるようになります。 ただし、共有サーバーの場合「400」で設定できないケースも多いようですので、WordPress.org では「600」を推奨しています。

その他のファイル・ディレクトリ

一般的には その他のディレクトリは「705」 その他のファイルは「604」 とするのが良いようです。ただし、WordPressの管理画面でテーマの編集やファイルのアップロードができない場合は、「themes」や「uploads」を「707」などに変更する必要があります。これはサーバーの仕様によって異なります。 画像がアップロードできないからといってパーミッションを「777」「666」などに設定した場合、「誰でも書き込める」状態になってしまいます。くれぐれもそのよう設定だけはしないよう注意してください。 なお、ファイル、ディレクトリ共にパーミッションの真ん中の設定「グループ」を0としているのは、共用サーバの場合、他人と同じグループに設定されている可能性があるためです。

パーミッション変更後に行うテストについて

サーバーの環境によりパーミッション変更後に不具合が出る可能性がありますので、変更後は最低限下記の動作確認をしておくと安心です。
  • WordPress管理画面へのログイン
  • 記事の投稿及び画像のアップロード
  • プラグインの追加と削除
  • テーマの変更

コマンドでパーミッションを一括変更する方法

サーバーにsshでシェルアクセスができる場合、次のコマンドで指定したパス以下を再帰的にパーミッション変更できます。 ※設定変更により、環境によっては不具合が発生する可能性もありますので自己責任でお願いいたします。

ディレクトリ一括変更

ファイル一括変更

いかがでしたでしょうか? 繰り返しになりますが、WordPressはその性質上攻撃の対象をなりやすいということを理解して、セキュリティ対策をしっかりしていただければと思います。

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
「syncer」のHTML/CSSコード整形ツール

2017/08/08 サイト制作 投稿者:聖子

WEB制作でデザインテンプレート等を使用したり、他社制作のサイト改修依頼等をいただいて作業するときに、
インデントをスペース数個にするかタブにするか、改行をどこで入れるか、などのコーディング規則が自分のとは違うと、
いじっていくうちに非常に汚いコードになっていってしまいます。

同一サイト内ではなるべくコーディング規則は揃えたいですが、
かといって元のコーディング規則に合わせるのも、やり慣れないので作業効率が悪いです。
作業に取り掛かる前に一度コードを自分仕様に整えておきたいものですね。

ということで今回は、HTML/CSSのコード整形ツールについて調べてみました。
エディタのプラグインなどにも整形ツールはありますが、今回はインストール等の手間がかからないオンラインサービスで、色々試して一番良かった「syncer」のコード整形ツールをご紹介したいと思います。

「syncer」のコード整形ツール

「syncer」のコード整形ツール

下にスクロールしていくとオプションがあり、整形規則について設定できます。
整形規則オプション
それでは実際に汚いコードを入れて試してみたいと思います。

HTML

https://lab.syncer.jp/Tool/HTML-PrettyPrint/
■オプションは
・インデント文字…タブ 1個
・長すぎる行の改行…無効
・改行を保持…無効

の設定で、整形しました。



紛れ込ませた全角スペースなども上手く除去してくれています。
改行場所もちょうどよいです。(他のツールではscriptやliの閉じタグなど全て改行されてしまって、スマートにいかないことが多かったです)

CSS

https://lab.syncer.jp/Tool/CSS-Pretint/
■オプションは
・インデント文字…タブ 1個
・セレクタ間の改行…有効
・ルール間の改行…有効
・記号周りのスペース…有効
・改行を保持…無効

の設定で、整形しました。



こちらも上手く整形してくれました。 オプションが豊富で、まさに痒いところに手が届く印象です。

まとめ

日本語で分かりやすく、オプションが豊富なこのツールが個人的に一番使いやすかったです。
変換後のコードコピーなどもクリックしただけで自動でしてくれて、コードはコピペ入力だけでなくファイルごとアップすることも出来るので非常に便利でした。


また、忙しい時などコーディング規則を揃え忘れてしまうこともあるので、納品前にも整形ツールをかけてあげたいですね。
(※横並びリストのカラム落ち回避のために、あえて改行していない箇所などがある場合は、修正を忘れないようお気を付けください。)

サイトの裏方であるコードは普段は目に見えませんが、後々メンテナンスする方のために、見やすくいじりやすい、美しいコードにするように心掛けたいものです。

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
ヘッダーの上の「妙な空間」は『&#65279』かもしれない。

2017/08/01 技術系 投稿者:竹内

HTMLのコーディングをしていて、「ヘッダーの上に妙な空間が出来てしまう」ことは無いでしょうか?
いくつか原因があるのですが、そのうちの1つが原因で解決に時間がかかってしまったので、みなさんもそうならないよう参考になればと思います。

「妙な空間」の原因は『&#65279』かもしれない

ブラウザに搭載されているHTMLの開発ツールを用いて確認すると、HTMLソースの1行目に『&#65279』という記述が含まれていました。
当初はこれが原因とは考えていなかったのですが、これを調べてみると色々なことがわかり、原因の特定となりました。

『&#65279』とは? → BOMです。

BOM(Byte Order Mark)と呼ばれているものです。ボムと聞いて良くないものと思いがちですが、これはファイルを実行する前に「Unicodeで作成されたテキストのファイルですよ」と宣言する『見えない文字列』の事です。UTF-16では必須項目だそうです。
現在主流のUTF-8では「あっても無くても良い」ということになってはいるのですが、これがある事によりHTMLが正常に読み込めなかったり(今回のケースでは空間が出来てしまう。)、PHPが実行出来なかったりします。

BOMが入らないようにするには?入ってしまったらどうすれば?

今回、『&#65279』が入ってしまった原因は、ちょっとした編集をする際にWindows標準ツールの『メモ帳』を使ったことが原因でした。他のエディタ類でも設定を変更せず、そのまま使ってしまうとBOMが入ってしまうものもあるようですが、私の環境ではWindowsのメモ帳が原因でした。
メモ帳では特に設定項目もなくBOMを含んだ状態で保存されてしまうので使わないようにしましょう。

・BOMが入らないようにするには?

BOMの入ってしまう『メモ帳』を使うのをやめましょう。「メモ帳は使っていないよ」という方も使っているテキストエディタの設定を見直し、BOM無しで保存しているか確認しましょう。

・入ってしまったらどうすれば?

BOM無しで保存できるテキストエディタで保存し直しましょう。

Windowsでは比較的メジャーなツールである『TeraPad』では、文字コードの指定の箇所で『UTF-8N』を選択します。Nの無い『UTF-8』はBOM有りで保存してしまうので注意が必要です。

その他の原因は?

WordPressでのサイト製作ではWordPressログイン状態での管理ツール帯?(サイト上部にでる黒い帯)が影響している事があるみたいです。
今回のケースは静的HTMLでしたので、これが原因ではありませんでした。

まとめ

いままで、『サイト製作なんて、メモ帳でも出来るんですよ』とか言ってましたが、今後この表現を使うのはやめようと思いました。

「文字コードはとりあえずUTF-8使っておけばOK。改行コード?何それ?」とこの辺の知識は無くてもHTMLコーディングは出来てしまうのですが、わかっている人とわかっていない人では何かあった時の対処に差が出ます。
今回の私はまさに「わかっていない人」でした。
また「自分は大丈夫!」と思っていても「他社が製作したHTMLを改修する」場合にはこういった場面に遭遇すると思われます。

この先UTF-8からUTF-16へ移行することがあるかもしれません。その際に慌てることの無いよう、文字コード周りは一通りおさらいしておくと良いかもしれません。

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

PRODUCE ネディアプロデュース
群馬データセンター
群馬の法人ITサポートサービス Wide Net[ワイドネット]
ワイドオフィス
イヤホンのブランドでハイクラスを誇る | n+um(エニューム)