Googleフォームを使って問い合わせフォームを作ってみる。

2016/05/26 サイト制作, 技術系 投稿者:竹内

先日、とあるメーカーからGoogleフォームを使ったアンケートが届きました。
面白そうなのでどんなことができるのか検証をとってみたいと思います。

Googleフォームとは

form00

アンケートフォームを簡単操作で作ることが出来るWebアプリケーションだそうです。
アンケート結果の集計を自動で行ってくれるほか、Excel形式でデータの出力も可能です。
社内イベントの出欠確認や簡単な小テストなどに便利そうです。集計までやってくれるのが良いですね。

アンケートフォームだけでなく問い合わせフォームに使えるとのことです。
私の仕事上アンケートを作成することはあまり無いので、今回は問い合わせフォームを作ってみたいと思います。

簡単なアンケートは作ってみたのですが、問い合わせフォームはまだなので、下調べ無しに作れるか挑戦してみます。

Googleフォームを問い合わせフォームとして使用するメリット

  • 簡単なので工数を短縮できる。
  • クライアント企業様のGoogleアカウントを使って、フォームの項目などを企業様自身で追加・変更できる。
  • スマホ対応している。
  • GoogleフォームがSSLで暗号化されている。

SSLの暗号化がされていることは大きな利点です。小規模な企業ではSSLの年間費用も負担になります。
また、フォームを入力するお客様にとってGoogleのサービスだから安心と考えていただけることも大きな利点です。

Googleフォームを作ってみよう

Googleフォームにアクセス

普段使用しているGoogleアカウントからGoogleフォームにアクセスします。

Googleフォーム

問い合わせフォームを作る

form01

画面右下の[+]マークをクリックしてフォーム作成を開始します。
次にフォームの題名と説明を記入します。

form02

問い合わせ項目を作成する

form03

まずは会社名、項目の種類を記述式に変更し、必須にチェックを入れます。
続いて右側の[質問の追加]ボタンで2つ目3つ目と作っていきます。

form04

プレビュー・テーマの変更ほか

form05

上の[目]のマークから作成したフォームをプレビューすることが出来ます。
また、[パレット]マークではテーマの変更が出来るようです。

プレビューによって、フォーム入力後のボタンは[送信]ボタンとわかりましたので説明文の修正を行います。

[歯車]マークからフォーム送信後の文章について設定が出来るようです。
お問い合わせっぽい内容に変更を行いました。

作成したフォームをWebに貼り付ける

form06

右上の[送信]ボタンをクリックすると送信方法を選択する画面になります。
GoogleMAPやYoutube等でお馴染みのマークが出ます。
今回はHTMLに埋め込みますので[<>]を選択します。

iframeタグでURLが生成されるのでこちらをHTMLに貼り付ければ完了です。
iframeにスクロールバーが出ましたのでiframeタグのスクロールバーを消す記述を追加しました。
iframeがサイズ指定されているので、HTMLに埋め込む方法でスマホ対応させるには横サイズの指定を100%表示にしたり、CSSで調整してあげる必要があります。

貼り付けたHTMLのデモページがこちら↓


iframe形式だとアドレスバーがSSLの表示になっていないため、一見してSSLでは無いと思われてしまいがちです。(iframe内部はhttps://で書かれているので実際は対応しています。)
その場合はiframeによる埋め込みではなく、リンク形式でフォームに飛ばしてしまうのが良いかもしれません。
URLは企業様のものからGoogleのものへ変わってしまうので一長一短ですね。
リンク形式のフォームであれば何も設定しなくてもスマホ対応しています。


SSL対応しているフォームページへのリンクがこちら↓
アドレスバーに鍵マークがついているのをご確認下さい。

作ってみたけど改善したいこと(デメリット)

ここまで他のブログやサイトを調べる事無く実装まで持っていけることができました。
ですが作ってみて改善したいことがいくつかあります。

  • フォームが縦長すぎる
  • 入力者にも管理者にもメールが飛ばない
  • GoogleAnalyticsの目標設定(コンバージョン設定)はできるのか?
  • Googleの注意文が気になる「Google が作成または承認したものではありません。」

改善できるか調べてみる

メールの自動返信、管理者へ通知はできる!
Googleフォームにアドオンできるツールが用意されているのでそちらを利用して簡単に実現できます。

フォームの装飾はできない(しない)
ちょっと調べた限りでは『生成されたiframe内のHTML部分を抜き出して別途HTMLとしてファイル化する』といった手法でできるとのことでした。
利用規約を読んだところGoogleの推奨する手法では無いような気がしますので、商用サイトでもあることですしやらない方向で行きたいと思います。

GoogleAnalyticsのコンバージョン設定はできない
上記理由と同様です。
Googleの注意文は消せない
上記理由と同様です。

まとめ

今回はアンケートではなく、ホームページに設置する問い合わせフォームの作成に挑戦してみました。
フォームの作成・実装まではすんなり行くことができましたが、その後のフォームの調整や運用に合わせたカスタマイズについては制限があり、ホームページ上の他のページとのデザインの調和にもなかなか苦労しそうです。
メール通知の部分はアドオンで簡単に解決しますので、Googleが用意している環境内であれば問い合わせフォームとして機能すると思います。

SSLが使えることと工数を抑えることができる部分はかなり大きなメリットだと思いますので、今までSSLの年間費用が負担で導入していなかった企業様に対して積極的に働きかけて行きたいと思いました。

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
Windows 10への自動アップグレード回避方法について

2016/05/25 技術系 投稿者:佐藤

これまでは、無償アップグレード対象のWindows 7/8.1ではWindows Updateの「オプション」からWindows10へのアップグレードの設定が行えました。

しかし現在はWindows 10への無償アップグレードが「オプション」から「推奨される更新プログラム」に変更された為、Windows Updateの初期設定のままでは自動的にWindows 10へアップグレードされてしまう状態になっています。

その結果、意図せずWindows 10へのアップグレードが開始されてしまい、その結果何らかの不具合が発生してしまったというケースが多く出ているようです。

諸事情で、Windows 10へのアップグレードをしたくないという人も多いと思いますので、今回はWindows 7/8.1からWindows 10への自動アップグレードを行わないようにする設定方法を紹介します。

Windows 10への自動アップグレード回避方法について パターン1

以下の作業を実施することでWindows 10への自動アップグレードを回避することが出来ます。

【1】 トラブルシューティング ツールを実行する

1.以下のリンクをクリックします。
http://aka.ms/diag_70952

2.マイクロソフト公式の対策ツール「70952.diagcab」のファイルがダウンロードされるので、「ファイルを開く」をクリックします。
※使用しているブラウザによっては、ダウンロード後にダブルクリック等でファイルを実行する必要があります。

windows10-31

3.「次へ」をクリックします。

windows10-32

4.「Upgrade Later」をクリックします。

windows10-33

5.完了の表示がでたら、「閉じる」をクリックします。

【2】「Windows 10 を入手する」の通知アイコンを非表示にする

1.管理者でコマンドプロンプトを起動します。

Windows 7 の場合

a.Windowsスタートメニューから「すべてのプログラム」をクリックします。

b.次に「アクセサリ」をクリックします。

c.アクセサリ内の「コマンドプロンプト」にマウスカーソルを合わせ右クリックし、 [管理者として実行] をクリックします。

windows10-34

Windows 8.1 の場合

Windowsボタンを右クリックしてメニューを出し、その中から [コマンドプロンプト (管理者)] をクリックします。

windows10-35

2.以下の文字を入力し、Enter キーを押します。

reg add HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\Gwx /v DisableGwx /t REG_DWORD /d 1 /f

windows10-36

※正しく操作が完了した場合は、 「この操作を正しく終了しました。」と表示されます。

※次の手順も同じようにコマンドプロンプトから実行します。

【3】 Windows Update 経由のアップグレードをブロックする

1.管理者でコマンドプロンプトを起動します。

2.以下の文字を入力し、Enter キーを押します。

reg add HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v DisableOSUpgrade /t REG_DWORD /d 1 /f

windows10-37

※正しく操作が完了した場合は、 「この操作を正しく終了しました。」と表示されます。

【4】パソコンを再起動する

画面をすべて閉じてパソコンを再起動してください。

以上の設定を行うことで、Windows 10へのアップグレードが自動的に開始されることを防ぐことが出来ます。

Windows 10への自動アップグレード回避方法について パターン2

通常はパターン1で紹介した方法で回避できますが、まれにパターン1の【1】で紹介した方法が上手く行かないケースもあるようです。その際には下記の方法をお試しください。

  • Windows Updateの重要な更新プログラムの設定を「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」に変更する
  • 「推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する」のチェックボックスを外す

Windows 10への自動アップグレードが開始されないようにするには、Windows Updateの重要な更新プログラムの設定を「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」に変更しておくことで解決できます。
そして「推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する」のチェックボックスを外しておくことで、Windows 10へのアップグレードが一覧に表示されなくなりますので、こちらの設定をしておくとさらに安心です。

具体的な方法は下記の通りです。

「コントロールパネル」 → 「Windows Update」 と進み、左にあるメニューから設定の変更をクリックします。

windows10-01

重要なプログラムの項目で、初期設定で「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」となっている箇所を「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」に変更します。

windows10-02

続いて、推奨される更新プログラムの項目で「推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する」にチェックが入っていた場合、チェックを外します。

windows10-03

最後に「OK」を押して、設定を反映させてください。
以上の設定を行うことで、Windows 10へのアップグレードが自動的に開始されることを防ぐことが出来ます。

Windows 10へのアップグレード後に、元のWindows 7/8.1に戻したい場合

Windows 10へのアップグレード後、1ヶ月以内であれば元のWindows 7/8.1に戻すことが可能です。
ただし、失敗して起動不能になるケースもあるようなので、大切なデータは外部メディアなどにバックアップしておくことをお勧め致します。

また、以下の動作を行うとダウングレードに失敗したり出来なくなるようなので注意が必要です。

  • 「システムファイルのクリーンアップ」機能を使う
  • 「このPCを初期状態に戻す」の機能を使う
  • アップグレード後に、新規ユーザーアカウントを追加する
  • Windows.oldフォルダー、\$Windows.~BT フォルダーを削除する
  • Cドライブの空き容量が極端に小さくなった(10GB以下または10%以下)
  • ドライブ構成を変更する(外付けHDD/DVDドライブ、USBメモリなど含め、ドライブを増やしたり減らしたりする)

Windows 10へのアップグレード後に、元のWindows 7/8.1に戻す手順は下記の通りです。

1.[回復]から元に戻す
Windows 10の[設定]から[更新とセキュリティ]を開き、[回復]をクリックします。[Windows 8.1に戻す](元のOSによって表記が異なります)という項目が表示されるので、[開始する]をクリックします。

windows10-20

2. 戻す理由を選択する
どうして元のバージョンに戻したいのか、という理由を選択します。当てはまる項目がないときは[その他の理由]をクリックし、理由を入力します。完了したら[次へ]をクリックします

windows10-21

3. 注意点を確認する
元に戻すと、一部のアプリの再インストールが必要になったり、設定が失われたりする可能性があることが表示されます。内容を確認して[次へ]をクリックします。

windows10-22

4. パスワードに関する注意を確認する
元に戻したあと、サインイン画面(ログイン画面)では、以前のOSで使っていたパスワードを入力する必要があります。アップグレード後にパスワードを変更した場合などは、気づかずに異なるパスワードを何度も入力すると、サインインできなくなることがあるので注意しましょう。内容を確認したら[次へ]をクリックします。

windows10-23

5. 復元を実行する
[Windows 8.1に戻す]をクリックして、元に戻す(復元する)作業を開始します。

windows10-24

6. 復元が開始される
以前のOSが復元されます。

windows10-25

まとめ

Windows 10へのアップグレードは無償ということもあり確かに魅力的ではありますが、アップグレードに失敗したり、アップグレード後に不具合が出るようになったりと現状デメリットも無視出来ない状態です。
Windows 7/8.1共にサポート終了までまだ日がありますので、現状のOSに不満がなければむしろ無理にアップグレードしない方が賢明ではないかと個人的には思います。

また各PCメーカー側でもアップグレード対応機種(動作検証済み)の一覧があったり、不具合の解消方法などの情報があるようですので、Windows 10へのアップグレードを検討していたり不具合が発生して困っている方はそちらを一度確認してみることをお勧め致します。

DELL
http://www.dell.com/support/article/jp/ja/jpdhs1/SLN297954

富士通
https://azby.fmworld.net/support/win/10/?supfrom=info20150626

NEC
http://121ware.com/navigate/support/win10/ms/upgrade.html

EPSON
http://shop.epson.jp/pc/other/win/win10/upgrade/

SONY
https://www.sony.jp/support/vaio/windows/10/

それでは。

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

ブログ
Nedia What's up!
 HOME  ブログ
YAMAHAルータの実機・検証 第10回 YAMAHAのネットボランチDNSサービス

2016/05/24 YAMAHA, 技術系 投稿者:長澤

以前紹介した「YAMAHAルータの実機・検証 第9回 インターネットVPNの構築」の記事の中で、YAMAHAの「ネットボランチDNSサービス」のサービス名をあげました。
今回はYAMAHAの「ネットボランチDNSサービス」の設定をコマンドで行います。

ネットボランチDNSサービスとは?

YAMAHAが提供しているダイナミックDNSサービスの名称です。
ダイナミックDNSは固定IPアドレスを取得できない時にホスト名と動的IPアドレスをひもづけする仕組みです。
対応するYAMAHAルータを利用すると無償でネットボランチDNSサービスを利用することができます。
ネットボランチDNSサービスを利用することでVPNや自社でサーバを公開することができるようになります。
ネットボランチDNSサービス 対応製品のラインナップ
http://jp.yamaha.com/products/network/solution/dns_cloud/netvolantedns/#point03
RT57i、RTV700、RTX1000(Rev.7.01系、Rev.8.01系)などの古い機種でもネットボランチDNSサービスは利用できます。

ネットボランチDNSサービスの登録

ネットボランチDNSサービスを利用する為には登録が必要になります。
登録と言ってもユーザ登録やアカウント登録は必要ありません。
これから紹介するコマンドで登録から削除までできます。
まずは現時点で登録されているかどうか確認してみましょう。

登録確認

下記のコマンドで登録されているか確認できます。

登録がない場合、上記のように何も表示されません。

登録がある場合は上記のように表示されます。
上記はpp1にnediaというホスト名が登録されていることを示します。

登録

ネットボランチDNSサービスの登録です。

上記の登録が完了するとconfigには

上記の一行が追加されます。

インターネット接続の切断やルータの再起動時にWAN側IPアドレスが変更された場合、ネットボランチDNSサーバに自動でIPアドレスを更新するように設定します。

上記の設定をしなくても初期設定では自動更新する設定になっています。

検証

登録した「nedia.aa0.netvolante.jp」のIPアドレスがルータPPPoE接続で取得したIPアドレスを同じか確認します。

ルータWAN側のIPアドレス確認

でPPPoE接続のIPアドレスを確認します。

yamaha-10-2

インターネット上のnslooupサービスで「nedia.aa0.netvolante.jp」のIPアドレスを確認します。

yamaha-10-2

ルータWAN側とnslooupサービスで表示された「nedia.aa0.netvolante.jp」のIPアドレスは同じIPアドレスが表示されました。

削除

ネットボランチDNSサービスの削除です。


上記で削除されたか確認します。

これでネットボランチDNSサービスの削除は完了です。

次回はネットボランチDNSサービスを使ったVPNの構築を紹介します。

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

カテゴリー

PRODUCE ネディアプロデュース
群馬データセンター
群馬の法人ITサポートサービス Wide Net[ワイドネット]
ワイドオフィス
イヤホンのブランドでハイクラスを誇る | n+um(エニューム)